人気ブログランキング |

北秋田市在住、東京と行き来しながらお仕事しています


by satomi117h
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2007年 09月 09日 ( 2 )

人生の宿題…

う…ん…まずいかも。明日の試験。
半米粒大の艾炷、1分間で20個そこそこ。
おかしい。
1年の時も2年の時も25個はできていたはずなのに。
下手になったのかなぁ。

取穴40箇所は、自分の手足では大丈夫。
しかし!!!
相手に向かいあうと、尺側、とう側、関節の上下、
第何指かが、一瞬わからなくなります
これって、進行方向でしか地図見られないのと一緒。
かなり老化現象来ていますよ。

先日、放課後残って4択の問題の出しあいっこしました。
目で見ながら、読みながらならOKなのに
耳だけで問題聞いて答えるのって
すごく難しいいんだなぁ、これが。

聞いてるそばから、前の情報が消えていきます。
ヤバ!!
と思ったのは、私と、ほぼ同年代のO井さん(笑)

え?問題なんだっけ?あってるの答えるの?違うのだっけ?
一番なんだっけ?二番は?一番もう一回…

二十歳そこそこのJJと20代半ばのH口君は、
私たちのやり取り聞いて、笑い転げています。
君たちだって、そのうち来るからね

明日の試験は、実技と東洋医学臨床論。
東臨は、傾向がわからないので、みんな戦々恐々としています。

評価されるのは心地よいものではないけれど、
何を学ばなければいけないかが分かって
そのことにきちんと向き合う時間を持つと
むしろ試験を受けるのが楽しくなってきたりもする。

自分が大切と思ったことは、先生が思うこととどの程度一致しているか?
ゲーム感覚で楽しめたりもする。
で、逆に先生のセンスが評価できるようになると
試験はもっと楽しくなる(笑)

それほどの余裕はないけど、
この歳になって、若い頃、もっと楽しんでべんきょすればよかったなぁってつくづく思う。

おべんきょ嫌いの私が、今また学びの時を持っているのは、
人生でやり残した宿題を片付けているような気がするなぁ。
by satomi117h | 2007-09-09 16:42 | がっこ生活 | Comments(4)

ドラマスペシャル…

試験べんきょするつもりが、
見てしまいました。黒沢明ドラマスペシャル!

大好きな街、小樽が舞台で面白かったです。
そう、そう、天狗山の中腹あたりに家を買いたいなぁ…(笑)
なんて思いながら、よくあのあたり車で走りましたよぉ。
あと、たしか『ユーラシア』という海に沈む夕日がとてもきれいに見えるカフェバーとか…いろいろ思い出しました。

ドラマ的には、ま、そこそこ?
ツマブキ君が、犯罪を犯す動機が希薄すぎデス。
あと、スポンサーがツマブキ君を気に入っているのはいいとして、
ドラマの主役が、CMのたびごとにメインキャラクターとして出てくるのは違和感があります。
これをやられるだけで、あ、サンリュウ…という感が否めません。
スポンサーも制作者もセンスなさすぎです。
結局テレビドラマを発信する側が、テレビドラマを軽く見ているような。そんなカンジ。
とても残念です。

役者さんでは、伊武雅刀が渋かったです。
伊武さんは、多分、NHKの大河ドラマ、題名は忘れたけど
三田佳子が女医さんのドラマの夫役で市民権を得たような気がします。
でも、わたし的には、80年代(70年代?)の小林克也さんとのスネークマンショー!
そして、なんといってもその時代のCMのナレーション!!!!

もう、伊武さんは、いろんなCMのナレーションしていました!
その時代を代表するCMナレーターが何人かいて
当時(80年代)は、ダントツ伊武さん、そして内海賢二さん、政宗 一成さん、今は亡き蟹江英二さんあたりが売れっ子のCMナレーターでした。
それぞれが個性的で、素晴らしい表現力がありました。

フリーなりたての私は、
今、トーキョーで、どんな人が活躍しているのだろう。とことん分析してやる!!!
と、テレビやラジオをチェックした記憶があります。
あのころ、一声聞いただけで、ほとんど誰の声か言えました。
かなりのオタクです(笑) ま、暇だったから。
今は、新しい人は全然わかりませんけど(笑)

そんなわけで、伊武さんを目にするたびに、
フリーになりたての頃を思い出します。

うん、今日の伊武さん、渋かった。
当時は、ダンディでかっこよかったけど、今は、ちょっと気のいいオヤジ風キャラクター?
のだめでも、いい味出してた。

ナレーションスクールで教えること始めたりして
この道に進みたい人、たくさんみているけど
最初から自分の未来狭めないでほしいなぁと思う。
ナレーターではなく表現者としての目標設定が
結果的には、ナレーションの質も高めることにつながると思う。
by satomi117h | 2007-09-09 00:55 | 今日のとぱーずむ~ん | Comments(6)