声のお仕事、身体のお仕事と心地よいライフスタイルを追求します(*^o^*)


by satomi117h
カレンダー

実家です

帰省中です。
こっちも梅雨明けのようなお天気。

とりあえずガーッと掃除して、父と母のところを回って、今日は庭の草取りです。

父は3食経口で取ることができていて、血圧も血糖値も正常。
ただ足のむくみが気になるところ。
担当医からは、3食食べられるんだったら胃瘻外すと言われていますが、
父は冬場に体調崩すので、なんとか胃瘻はそのままでおいてほしいなぁと。

母は、加速度的というぐらいボケが進み、血糖値も思うように調整できず、1月に施設にお世話になってから、2回、段階的に強いお薬に変わっています。
そしてコレステロールを下げる薬も追加になりました。

家に帰ると言うことはなくなりましたが、何をするにも意欲がなくなったことがむしろマイナスに。

家にいれば、畑仕事したり、食事作ったり、タンスや押し入れ引っかき回したり…家での日常の中では、すること、動くことが当たり前に発想できるのに、
施設は、母にすれば何もすることがないところなのです。

ここの部分に行き着くと、また、そういう環境を作ってあげなかった私自身を責めることに。

でも、母を一人で生活させることはもはや困難と判断せざるを得なかった数々の事件を思い出しては、いや、しょうがないんだと思い直し、いつものグルグルが始まってしまいます。

せめて私が帰ってきている時だけでも、何とか楽しい気持ちでいられるようにと、いろいろ策略凝らすのですが、母の無気力は変わる気配なし。
憎らしいぐらい言い合っていたのが遠い過去になりそうな気すらしています。

はたしてどうするのが一番いいのか、問題は次から次へと沸き起こってきます。
by satomi117h | 2014-07-21 12:47 | 介護生活 | Comments(0)