北秋田市在住、東京と行き来しながらお仕事しています


by satomi117h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

92歳の隣人

今日は、父を老健に送って、母を病院へ連れて行って、定番の地元の温泉という一日でした。
活動的な一日だった上に、叔父から借りた車を返す前に、
買い物、用事を済まそうと母を乗っけたまま走り回ったせいか、母ぐったり。
口少なに『晩ご飯だば、なんでもええはぁ…』と。
早々に寝ました。

今日、ご近所の一人暮らしの方としばし立ち話しました。
先日、ショートステイで、うちの父の施設に滞在したので、父を訪ねてくださったそう。
始めは分からなかったけど、冬になるとよく旦那さんに雪かきしてもらいましたと、
まだ元気だった当時のことをいろいろ話したら、
父は、ああ…と言って思い出したみたいだったと。

その方は、息子さんが頻繁に様子をみにきてくれるけど、ご近所に一人暮らしで、
デイサービスとショートステイで過ごしているそうです。

多分冬の間だと思うのですが、市内の施設4箇所ほど、ショートステイで滞在なさったそう。
それぞれの施設の特徴を、とてもわかりやすく教えてくださいました。
記憶といい描写といい、素晴らしくクリアなので、思わず今おいくつですか?と聞いたら、
92歳です。と。

驚きました!
杖をついて、少し歩くのが大変そうとは思いましたが、それでも背筋はピンと伸びて、お召し物も素敵です。
会話も、何一つ横道それることなく話してくださいます。

そういえば、私の友人のお父様にも、88歳まで現役の営業マンで、自宅から電車とバスを乗り継ぎ片道1時間半かけて通っていた方がいらっしゃいます。
今は、さすがに引退なさいましたが、まだまだお元気でご自宅にいらっしゃると聞きます。

また、確か90歳で、つい最近まで老舗しゃぶしゃぶ屋さんの名物女将だったという友人のお母様もいらっしゃいます。

50代でもかなりの差が出てきますが、70代、80代になるとその差はますます開いてきます。
私が周りの方を見ていて思うのは、75歳ぐらいが一つの岐路でしょうか?
その差は、一体どこからくるのでしょうかねぇ。

初めから遺伝子に組み込まれているという見方もあると思います。
そうなると、今更何だかなにしても無駄な抵抗のような気もしますが、
それでは人生の面白さも半減してしまうので、
私は自分なりに、楽しみ、抵抗しつつやっていきます。
by satomi117h | 2013-06-08 00:29 | 介護生活 | Comments(0)