声のお仕事、身体のお仕事と心地よいライフスタイルを追求します(*^o^*)


by satomi117h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

軟口蓋の開閉

声の仕事をしていらっしゃる方から、
『時々鼻が鳴る音がでて仕事に支障が出ている。
耳鼻科でみてもらい異常はないといわれたが、そちらで何かわかりますか?』というメールをいただきました。

多分、軟口蓋の開閉に関することだなと予想はつきましたが、実際に聴いて、みてみないことにはわからないので、その旨お伝えして受診していただくことになりました。

実際に音を聴いてみますと、確かに鼻が鳴るときがあります。
予想通り、軟口蓋が開きっぱなしで、口蓋垂がはためく音で鼻が鳴っていることがわかりました。

以下、診断として行ったことや開閉(主に閉じる方)のトレーニング内容を記します。

※軟口蓋…口の中の上顎を喉に向かって触れていくと、硬いところから柔らかいところに移動してやがて口蓋垂(ノドチンコ)に続きます。
この柔らかい部分を軟口蓋といい、ここが開くと音は鼻に抜けた音(鼻声)になり、閉じると抜けない音になります。
軟口蓋の開閉は、正確な発音にとって欠かせないことです。
 

《軟口蓋の開閉の確認》
【目視で確認】
・鼻濁音の『が』と濁音の『が』を交互に発音してもらい、濁音の時に軟口蓋が上に動いているかどうか確認する。

【音で確認】
・濁音の『が』行が不明瞭。
・他に『か』行、『た』行、『さ』行なども不明瞭になりやすい。

【振動で確認】
・上記の音は、鼻骨に軽く触ったり、鼻の穴を指で塞ぐことで、振動が大きく指に伝わり(鼻に抜けている)つまり軟口蓋が閉じていないことが確認できる。
・閉じて正しい出し方の音がでている時は振動しない。


《軟口蓋開閉のトレーニング》

【触れる】 
・医療用グローブを付け、講師の軟口蓋に実際に触れさせ、動きを確認してもらう。

・鼻に抜ける『あ』と抜けない『あ』で軟口蓋の動きを確かめる。

・音の違いも耳で確認し、軟口蓋の使い方と音の変化を正確にリンクさせる。

・自分の軟口蓋に触れて、どこを動かすのか確認する。

【うがい、ストローでブクブク】
・軟口蓋が閉じないとできないことをして、閉じる感覚を知る。

・うがいやストローでブクブク自体ができない人は、神経麻痺など器質的な問題があると思われるので専門医へ。

・ほとんどの方は、うがい、ストロー…はできるが、声にすると無意識で開きっぱなしになってしまうタイプ。

・ストローは、タピオカ用などの太いものが良い。

・『うー』という音を出しながらブクブクさせてみると、鼻から抜けている時はブクブクしないので、ブクブクできる『うー』を探す中で、軟口蓋が閉じる感覚を捕まえる。

・繰り返し行って軟口蓋の感覚を鋭敏にしていく。

【か、か、か、かトレーニング】
・『か、か、か、か、』を下顎を動かさずに行う。

・口の開きを固定して発音することで、軟口蓋と舌根の感覚を鋭敏にすることができる。

《所感》
1度のみ60分ほどでの診察、トレーニングで、全く動かなかった軟口蓋が少し動くようになりましたし、鼻濁音、濁音の『が』の使い分けも少しハッキリしてきました。

感覚が鋭敏な方は音を聴いただけでできるようですが、開鼻声が癖になっている方にとっては難しいトレーニングのようです。

直接関係があるかどうかはわかりませんが、今回のクライアントは、小さい頃に扁桃腺の摘出手術を受けているそうです。
甲状腺の手術後に、同じような症状が出ている患者さんもいらっしゃるので、神経は何らかの影響を受けているのかもしれません。

軟口蓋の開閉は、聴いた感じでもかなり印象が変化します。
甘ったるい表現もシャープな表現も、身体の感覚を鋭敏にして自在に操っていきたいものです。





# by satomi117h | 2016-04-16 00:08 | 症例報告 | Comments(0)
『ボディ&ボイストリートメント』について詳しく説明しています。

役者さんやアナウンサー、ナレーター、声優さんなど、音声表現に関わる方、
電話オペレーターや教師、研修講師、営業や販売の方、お坊さん、車掌さん…などよく声を使う職業の方、もちろん、一般の方も歓迎です。
負担がかからない声の出し方、疲れない使い方、声のパフォーマンスを一段階上げる方法、声のケアの仕方などをお伝えしトレーニングしていきます。

声は身体の一部。
土台がしっかりしていることは、声を使ううえでも大切なことです。
治療室くるみでは、トレーニングと同時に診断法や治療のノウハウを活かして、土台となる身体も診ていきます。

首や背中にひどいコリがあったり、顎関節が固かったり、息が浅かったり、お腹がこわばるなどのなどの不快な症状はありませんか?
それらの原因を土台となる身体と声の使い方の両面からみていくことで、声のパフォーマンスも向上し身体もより健康にもなります。
『声を使うことでより健康に』が、治療室くるみのボディ&ボイストリートメントのコンセプトです。

セッションの内容は、

・首、肩、背中を始め、顎関節、体幹の筋肉、横隔膜など、コリや筋力低下など、偏って使っている場所の有無のチェックと解放。

・声に関するトレーニング:声の大きさ、滑舌、響き、音域、音色、息の使い方など。
基本的には、クライアントの状態に応じて、『発声』『共鳴』『構音』のフィールドを広げていくことを目指します。

・実生活への反映:ナレーションなどの原稿を読む、プレゼンテーションなどのシミュレーションなど。

・ニュートラルなポジションを作る:いくつかの治療法やボディワークの中から、クライアントに適した瞑想的なスペースに入れるもので、心身をリフレッシュします。

以上のものを始め、クライアントに対面した上で、その時に必要なものを組み合わせ行っていきます。

セッションは、60分前後の通常のセッションと90分前後のフルセッションがあります。
何か身体に故障があるなど、大きな問題がある場合はフルセッションで治療をメインに行う方がいいと思います。
ご予約の際にご相談ください。

料金は、通常のセッション5000円、フルセッションは8000円です。

声を出すことは、一番身近な健康法です。
ぜひ気軽にお越し下さい。

治療室くるみ
# by satomi117h | 2016-04-11 18:17 | 治療のこと | Comments(0)

4月からのスケジュール

4月に入って既に日が経っていますが、
遅ればせながら、4月、5月のスケジュールをHPにアップしました。

休診日は、
4月12日(火)、25日(月)、
4月28日(木)から5月4日(木)まで、
5月13日(金)、14日(土)、24日(火)、31日(火)となっております。

体調についてちょっと気になることから
日々の健康増進に関してまで、お気軽にお問い合わせください。
こちらまで(#^.^#)
治療室くるみ
# by satomi117h | 2016-04-11 15:23 | 今日のとぱーずむ~ん | Comments(0)

さよなら桜

私も相当しつこい桜好き。散策しました。
自宅ちかくを散策しました。

b0093660_16121106.jpeg


b0093660_16123267.jpeg


b0093660_16125663.jpeg


b0093660_16132659.jpeg


b0093660_16140994.jpeg


b0093660_16144952.jpeg


ちょうど1週間前満開だったところが、すっかり葉桜。実をつけているのも。
でも、花びらが覆う様もまた趣があります。
遅咲きの木を見つけて得した気分になったりしつつ、午後の散策を楽しみました。

今年もありがと(o^。^o)
また来年ね(^-^)/



# by satomi117h | 2016-04-10 16:10 | 今日のとぱーずむ~ん | Comments(0)

東大島の桜

b0093660_15530958.jpeg

b0093660_15535715.jpeg


b0093660_15541962.jpeg


東大島にも素敵なお花見スポットがあると聞き、
行ってきました。

空が開けていて気持ちのいいところ。
上野公園や靖国神社の、ザ花見的な喧騒と真逆のところで、すっかり気に入りました。
桜の木はまだ若く小ぶりですが、堪能しました(*^_^*)
桜の下でゆっくりランチしましたよ。

自宅からも治療室からも電車一本で便利。
来年のお花見地候補リストにもしっかり入れました。

東京はすごい!
電車でちょこっと移動するだけで、趣が違った桜がいろんなところで楽しめます。
生活していると慣れっこになっていますが、
あらためて東京の良さを感じました(*^_^*)




# by satomi117h | 2016-04-08 18:52 | 今日のとぱーずむ~ん | Comments(0)

今年の桜

b0093660_12293131.jpg


b0093660_12302754.jpg


船でお花見しました。
小ぶりの船だったので、大横川、小名木川沿いまで入って川から桜を堪能しました(●^o^●)
少し風のある日で、隅田川では結構揺れて、正直言うと怖かったです(・・;)
無事船着場戻れた時はホッ(*^_^*)
多分、一生の思い出に。

b0093660_12363511.jpg


b0093660_12373321.jpg


千鳥ヶ淵の夜桜。
混んでいるのはわかっているのですが、毎年来てしまいます。
心残りがないように…

b0093660_12395062.jpg


b0093660_12405975.jpg



地元の川沿いの桜。
毎年心待ちにしています。
心ウキウキ、お散歩が100倍楽しくなります。



b0093660_12434933.jpg


b0093660_12431687.jpg


b0093660_12444543.jpg



地元のお寺、神社の桜。

1日1万歩越えの日々。
何はさておいても桜の季節は楽しみたい私です\(^o^)/
# by satomi117h | 2016-04-06 12:47 | 今日のとぱーずむ~ん | Comments(0)

桜咲きました

b0093660_1613306.jpg


治療室の近くの公園で、桜開花(o^。^o)
近くのモクレンとツバキもパチリ!
心踊る季節がやってきました。

今日はスクールバーズの説明会で、プチレッスンを担当してきました。
新たな出会いの季節です。
街を歩いていても、コートも少し薄くなってお洋服も色味がでてきたカンジ。
新たな季節への期待と不安とワクワクを胸に、さ、一歩踏み出しましょう(●^o^●)
# by satomi117h | 2016-03-19 16:26 | 今日のとぱーずむ~ん | Comments(0)

温泉です

b0093660_2049398.jpg


今日は、両親の施設を回って、午後から庭の植木の冬囲いを外しました。
弟と2人だったのであっという間に終了。
次回用に写真を撮っておくことも忘れませんでした。
季節は春。冬が終わったばかりなのに、なんとなく次の冬が気がかりな私です(-。-;
福寿草が顔をのぞかせていました。

4時過ぎには温泉です。
今日は、少し遠くの温泉に行きました。
と言っても車で10分足らずですが。
一人で行くには遠い気がして、運転手さんがいる時に行くことにしています。

b0093660_20515882.jpg


b0093660_20523624.jpg


山あいにひっそり佇む温泉です。
看板もこんな感じで(・・;)ホントに田舎の温泉。
いつもの温泉より濃い泉質で、私の股関節の痛みにはよく効きます(o^。^o)

明日は、母を連れてドライブと父の面接の予定。
まだ草むしりがない分、余裕の実家生活です。
# by satomi117h | 2016-03-12 21:07 | 介護生活 | Comments(0)

車検忘れてた!

2ヶ月ぶりに実家に帰ってみれば、車のバッテリーはあがってて、
えと、あれ?今、平成何年だっけ?
27年?28年?あ、車検切れてる?!
と、問題続出。
近所のガソリンスタンドの社長(同級生)が、よしなにはからってくれて、帰省中に何とかなりそう。
代車もだしてもらえてホッ(・・;)
ホントに助かりました。
今回は弟も来ているので、一応運転手付きで楽チンです。

母の状態があまりよろしくなく、新たな心配事も。
いつもなら、いつまで居る?とか、家に泊まりに行くとかうるさいのに、そういう言葉は一切なく、無気力。
この2ヶ月の間に、食事が進まなくなり、部屋にこもることが多くなったと聞いていました。
実際に会ってみたら、一気に歩行が困難になっていて、ビックリしました。
今までは、ショートでも老健でも母が一番元気だったのに、私も相当ショックです。
父も、あれよあれよという間に食べられなくなって胃ろう選択したので、急激な変化は気がかりです。
日差しは暖かくなってきたものの、気温は真冬並み。明日の朝は、マイナス7度らしいです。
暖かくなったら気力と体力も少し戻るかなと、祈るような気持ちです。

これから弟と庭の植木の冬囲い外します。



# by satomi117h | 2016-03-12 14:15 | 介護生活 | Comments(0)

終息から始動へ

昨日、半日スクールバーズの講師会議。そして今日は朝一の飛行機で実家に帰ってきました。

講師会議は、丸々6時間の討議。
私は主に発声とストレート担当だったので、ジャンルの違いにより、講師の意見の違いはありました。
合点がいかないこともあるかもしれませんが、順番をつけるためのものではなく、それぞれの生徒さんにとって、一番良い学びのステップという観点からのメッセージと思って受け取っていただければと思います。

そして、いろいろ討議する中で、
私は表現において何を大切にしているんだろう?
何を目指しているんだろう?最近琴線に触れた表現はどんなのだったろう?
私の好きなあの表現者はどのポイントがドツボだったのだろう?
逆に評価できないあのナレーションはどこがイマイチと感じるのだろう?…と、
討議の延長線上でいろいろ考えるキッカケとなりました。
私はこういう考察が大好きです。(音声表現という好きな分野に限ってですが)

年々レベルアップが急カーブのスクールバーズですが、それにつれて、
特徴がみえずらく、伸び悩みを訴える厚い層が存在している感が否めません。
地味を絵に描いたような私が、何を言うか!的な気はしますが(・・;)

一応、伝わらないとか、グッとこない…などの抽象的な言葉をなるべく排して、
具体的な技術論でそれを補うことを担当してきたつもりの私としては、
そこからの脱却の策として、もう一度基礎の発声を振り返ってみることをお勧めします。

特にこの世界の方は、声に関しては大方自信があり、十分できていると思っている方が多いと思いますが、
今まで拝見してきた経験から言わせて貰えば、みなさん割と画一的な使い方をしています。
大きさだけではなく、小さく使うとこも、響きも鳴らし方も、音域も、息の使い方も、地声や裏声に関しても、多分すごく狭い範囲でしか使えていないと思います。
ホントはもっともっと使えるはずなのに、使ったことがないと使う発想がないのです。
すごくもったいないと思います。

1から10の振り幅がバラエティの特徴だとすれば、
ストレート系は、4から7ぐらいの小さな振り幅表現で、
それだけに、一目盛りの変化を確実につけていかないと、みんな同じように聴こえてしまうのだと思います。
もちろん、伸びるきっかけは人それぞれですが、発声は理論的にもわかりやすい要素だと思います。
# by satomi117h | 2016-03-10 23:21 | 今日のとぱーずむ~ん | Comments(0)