声のお仕事、身体のお仕事と心地よいライフスタイルを追求します(*^o^*)


by satomi117h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

茗荷

実家です。
いつもながら雑草と格闘。
b0093660_13222390.jpeg


ミョウガです。
花が咲いて、その下、土に埋まっている所から引き抜きます。
知りませんでした(・・;)
こんな風になっているとは…
花壇の隅に、変な笹山があると思っていました。
介護帰省するようになってまもなく丸5年。
新しい発見は尽きません。

今日はお彼岸の入りで、父の百か日なので、これからお墓参りに行きます(^-^)/




# by satomi117h | 2016-09-19 13:20 | Comments(0)

お別れの時が来ました

先週父が亡くなり、慌ただしく葬儀、初七日を終え東京戻ってきました。
二週間前に一度具合が悪くなり会いに帰りましたが、持ち直し、安定した状態になって東京戻った二日後のことでした。
あのまま付き添っていればよかったという後悔の気持ちと、しょうがないという思いが半々。

東京戻る数日前、やはり急にお父さまを亡くされたお友達から、
お父様にちゃんと自分の思いを伝えてねと言われていました。
別れ際にそんな時間を持てたので、私なりのお別れができたのかなと。

この一週間、親戚や地元の方々、ご近所の皆さんとの絆、父の生き方を垣間見る時間を持てました。
こんなにも父を愛してくれた方々に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。




# by satomi117h | 2016-06-20 21:08 | 今日のとぱーずむ~ん | Comments(0)

患者会に参加しました

b0093660_11060360.jpg

発声障害患者会の第3回総会に出席しました。(6月4日)

パネルディスカッションでは、前線のドクターやボイストレーナーのお話があり興味深く聴かせていただきました。
私も主に代替療法系の治療法について話すお時間をいただきました。

同じ診断名で同じ治療を受けても、患者さんによって状態は様々です。
ほんとにコントロールが難しいと感じました。
それでもみなさん明るく、熱心で、ご自分の体験がほかの方に役立つならと、
あちらこちらで情報交換と意見交換が始まりました。

今回初めて参加されたくるみの患者さんも、
ほんとにひとりじゃないんですねと喜んでいらっしゃいました。
私も嬉しいです(#^.^#)

この会合では、いつもいろんなヒントをいただきます。
仲間の熱を感じながら、私もできることから始めて行きます!






# by satomi117h | 2016-06-07 11:25 | 今日のとぱーずむ~ん | Comments(0)

夏は寒い!

最近、朝一の予約が入った時は、朝活することにしています。
今日も6:15に家を出ました。
懸案の電車でスマホ、読書の充実に関して、結局、各駅に乗ることに。
最寄りの駅から新宿まで座って楽々です(^-^)
しかし、思わぬ伏兵が…
寒いんです(・・;)

クーラーガンガン。
弱冷房車でも寒くてたまりません。
長時間乗っているので余計そうなのでしょう。
次回は、寒さ対策。

それでも、この時間にすでに治療室でゆっくりできるこの余裕(o^。^o)
朝日がキラキラ差し込む中で、これから朝食です。
今日も充実の一日にしましょう(^3^)/"

# by satomi117h | 2016-05-23 08:15 | 今日のとぱーずむ~ん | Comments(0)

朝活

今日は8時半の予約を入れたので、朝6時に家を出ました。
ラッシュアワーを避け、早い時間に活動するのは結構好きです。
一日が有効に過ごせ、なんだか得した気分。

6時チョイ過ぎの電車ならさぞ空き空きで、ゆったり座ってスマホに読書し放題と目論んでいたのが、
なんと、最寄りの駅からもう満杯。
9時台のラッシュと何ら変わりありません。(一部各駅のみ空いています)
ショック!
都会で働く人は、どれだけ過酷な生活なんでしょうか。

ふと実家の早朝の庭を思い出しました。
朝露が緑に映えてキラキラ。
程よく冷えたおいしい空気。
私が早起きしさえすれば、ご褒美はいつでもそこにあります。

田舎のねずみと都会のねずみほど単純ではありませんが、
私ものんびりしたい年代になってきたのかなぁと感じることが。
当分は、二つの生活でバランスとっていきましょう。
さ、今日は、治療室のあとはスクールバースのレッスン初日です。
活動の場があることに感謝して、私の役割を果たしていきます(o^。^o)




# by satomi117h | 2016-05-11 08:11 | 今日のとぱーずむ~ん | Comments(0)

庭仕事しました(#^.^#)

b0093660_19025180.jpg

お友達とランチしたあとお宅におじゃましてお花の株を分けてもいらました。
これはスズラン。

b0093660_19024333.jpg
中央の紫色のお花をもらいました。
ムスカリと言うそう。

b0093660_19020021.jpg
あと名前がわからないお花と、まだお花は咲いていない株を3種類ぐらい分けてもらいました。

b0093660_19101093.jpg
これはホームセンターで買ったハーブマットというお花。

雑草だらけの畑が綺麗になったので、この際、雑草天国にしないために地面を覆い隠すような植物を植えてしまおうと
とりあえずこれがいいかなと買ってみました。
こういう植物をグランドカバーというらしい。

しかし、いくら増えやすいとはいえ畑いっぱいになるには
かなりの面積植えなくてはいけないし、
これっぽっち(25センチ×25センチ2枚)が畑いっぱいになるにはかなりの年月かかりそう(・・;)

結局、もらってきた植物たちは、庭の花壇に植えました。
今は空いているスペースだけれども、季節が進むと何か咲いていたような…
記憶が曖昧ですが、とりあえず植えてみました。
楽しみでもあり、心配でもある(。・_・。)

ハーブマットだけは、初心貫徹で、畑の中央に!
はたしてお花畑の計画は如何に…

ほかの畑のスペースは、アスパラガスとニラ、ネギがほとんど自生している場所を除いて、
雑草シートを敷いてきました。
どのぐらい効果があるかわかりませんが、ま、草取りはいくらか楽になるはず。

戻る日まで、バタバタで家のことしていたので、写真は取れませんでした。
でも、次回、どんなになっているのか楽しみです。
すずらんは、翌日には早速つぼみをつけていました。
はやっ!さすがじか植えです。

帰省始めて5年、はじめは理不尽な思いでいっぱいだったのが、
最近は、ここが私のフィールドになりつつあります。
母もこんな気持ちで土いじりをしていたんだろうなと思うことも度々。
こんな生活もいいもんだなと思うようになりました。

b0093660_19053756.jpg
毎日通う縄文の湯の玄関にある鹿の剥製とポスター。
近くに縄文遺跡があるんです。
まだ行ったことはありません。
今の私には、遺跡より温泉(-"-)

そして、がーっと家のことやっつけて空港に向かうリムジンバスの停留所で、
ゴルフ帰りの小塚くん(中学同級生、電気設備会社社長)にバッタリ、
空港まで送ってもらいました。
ちょうラッキー(=^-^=)

さ、東京生活も頑張るぞ!




# by satomi117h | 2016-05-04 19:00 | 今日のとぱーずむ~ん | Comments(0)

GW初日、寒い!

b0093660_12564937.jpeg


b0093660_12572073.jpeg


実家です。
寒い!ずっと暖房入れています。

庭と畑の雑草がどうにもならなくて、とうとうプロの方にお願いしました。
綺麗になっていてビックリ!
こんな庭はここ数十年見たことがありません(・・;)
気持ちまでスッキリです。

桜は満開をちょっと過ぎたところでしたが、
昨日は一日中雨(・・;)
うらめしい気持ちで、公園を車で一周しましたよ。
この時間は少し陽が射してきたので、あとでまた公園行ってみます。

少し元気が回復した母にホッとし、
少し下降気味の父にう〜ん…
せめてお天気回復してほしいです。
私、雨女じゃないはずなんですけど。





# by satomi117h | 2016-04-29 12:56 | 今日のとぱーずむ~ん | Comments(0)

わぉ!和服(●^o^●)


b0093660_13393350.jpg

和服でいらした患者さん。
シックで素敵(#^.^#)

要お着替えの治療室へ和服でいらっしゃるなんて、和装に関してはかなりの通。
それもそのはず、和服姿でのお仕事なので着付けは朝飯前なんです。
なんて素敵なんでしょう。

私も、それなりに若かった頃、
和装に憧れ、着付けのお教室に通い、一通り着られるようになったはずが…
もうすっからかんに忘れてしまいました(・・;)
何よりも好きで続けることが大切ですね。




# by satomi117h | 2016-04-19 19:33 | 今日の治療室くるみ | Comments(0)

ストレスと不整脈

地震報道を見ていて、不整脈が出ていることに気づきました。

私が自分の不整脈に気づいたのは、2年前、両親の介護に携わる中で、父の生死に関わる重要な判断を迫られた時。
突然、今まで体験したとこがないぐらいの頻脈に見舞われ、苦しいというよりも何が起こったんだろうと不安が先にきました。
脈をみてみると、激しく飛んでいます。
それがまた不安を駆り立て、一時パニックに陥りました。

その後、同じような激しい頻脈での不整脈が何回かあり、
その後は、それほどの頻脈ではないけれど、胸苦しさや喉元まで心臓の振動が突き上げてくる感覚があると、
そういう時は、脈をとってみるとかなりの頻度で脈が飛んでいることがわかりました。
クリニックで心電図をとってもらい、それほど心配のいらない不整脈だと言われ、漢方薬で改善したことは以前にも書いたとおりです。

それからは、まったく大丈夫でほとんど忘れているぐらいなのですが、
時々出る時は、あぁそういえばこういう感覚、以前にもあった…と思い出すことが度々。
なんとなく胸苦しい、鼓動が喉元まで突き上げてくるような感覚…

東日本大震災の時もそうだったし、
2年前に認識する以前の介護の中でも、
それ以前に、仕事で難局にぶち当たった時や親しい人の死の訃報を聞いた時も。
つまりは、その時は知る術がなかっただけで、以前から不整脈はあったんだなぁと気づきました。

人間長く生きれば、それだけいろんな負の体験の記憶が蓄積されます。
感情が体感覚とリンクして甦れば、私の場合、不整脈も起こるのでしょう。
とすると、そこらじゅうにその地雷的なものはあるはずです。

生きていくということはなんて大変なことなんだ…と嘆いても今更始まらないので、
気がついて良かった!今、かなりストレスフルなんだなぁ…と思うことにしました。
そうすれば、多少は自分をいたわってあげられます。
気づかずに無理を押すより、ずっと負担が少ないはず。

負の記憶と同時に、いいことも蓄積されているはずなんですがね。
こっちの影響は、目に見えて現れないような…
と思うのは、性格なんでしょうか(笑)

今、元気で生活出来ているということ自体、いろんなことの積み重ねなんだ。
過去の出来事に感謝だよ…と、
まったくキャラではないのですが、今日はそういう結びにしておきました(-"-)
# by satomi117h | 2016-04-18 19:08 | 今日のとぱーずむ~ん | Comments(0)

声の専門家

前回、音声に関して書きましたが、患者さんや生徒さんからも、
よく、どこのお医者さんがいいですかとか医者にいってみてもらってもなんともないと言われたのですが…
ということを耳にします。

声について効率的な医療機関の受け方は、やはり音声外来があるところがいいと思います。
声に関して総合的な診察をしてくれる診療科ということになります。
『音声外来』でググると出てくるので、行きつけのお医者さんがいない時は、近所などで探してみるといいと思います。

私も、まだこういうお勉強を始めるずっと前、どうかした発声の加減で『ピチッ』という音がして
すごく気になり耳鼻科を受診したことがありました。
この音です!と訴えるのですが、わかってもらえす、異常所見も見られず、2箇所耳鼻科を巡っても分からずもどかしい思いをしたことがありました。、
自分では、鼻の奥をこういうふうに使った時に出るというのがわかっているので、再生は出来るのですが、
当時は解剖学的な言葉に置き換えて説明できないので、わかってもらえなかったのだと思います。
(とても神経質な患者というカンジになってしまいました)

今だと、軟口蓋が閉じた状態から空くときに、粘液が粘って『ピチッ』という音が出ていたということを説明できますし、テレビなどで話している方で、そういう状態の方を時々見かけます。というか耳にすると、あ、あれだなとわかります。
私の場合は、多分、ひどい風邪をひいたあと、治ったつもりでいても上咽頭と鼻腔のあたりには、まだ粘ついた粘液が出ていて、軟口蓋が開くたびに音が出たのだと思います。
なので、サラサラの粘液になって、粘液自体が少なくなったら音は出なくなりました。

ドクターは、出物腫れ物はれもの、炎症の有無など、異常な状態を見つけることに長けてはいても
正常な状態内での変化は、あまりというかほとんど気にしないのかもしれません。
そういう時は、経験豊富なボイストレーナーや、近い職業出身のトレーナーの方が、
あっさり、あぁ、これですね。と問題を解決してくれるかもしれません。

また、リハビリ施設のある耳鼻咽喉科の病院やクリニックでは、
ドクターの指導のもとに国家資格である言語聴覚士(Speech-Language-Hearing Therapist 略してST)が常勤していて指導にあたってくれるところもあります。
声に関してすっきりしない問題を抱えている方は、音声外来、STによる音声訓練というルートも考えてみるといいと思います。

治療室くるみでも声の問題についてご相談に応じています。
必要に応じて医療機関もご紹介しますので、お気軽にご相談ください。

優しい女性治療家の治療室くるみ
# by satomi117h | 2016-04-16 18:23 | 治療のこと | Comments(0)