声のお仕事、身体のお仕事と心地よいライフスタイルを追求します(*^o^*)


by satomi117h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

足ポカ生活…

今日は寒い一日でした。
今まで、こんな冬の日は、一日中足が冷え冷えで辛かったのですが、
今日は一日中ポカポカでした。
動物性の食物の効果が出てきたのでしょうか。

実は私は、かなり大人になるまで、冬はみんな足は冷たいものだと思っていました。
それが違うと知った時の驚き…
同じように思っていらっしゃる患者さんも多く、指摘して差し上げると、みなさん一様に驚かれます。
冷えがない方には笑い話のようですが、これが冷え症の方の現実です(笑)

足が暖かいと、首こり、肩こり、腰のコリも軽減します。
気持ちもホクホクします。
足が暖かい一日は、ホントに穏やかで平和です。
大げさですが、ひどい冷えの方にとってはそれほど大きな違いを感じます。

というわけで、少しでも足冷えを解消するために、最近気づいたことをまとめてみました。

まず、物理的に薄着はいけません。
厚手のタイツ、靴下、ショーツはウエストまですっぽりが理想的。
オシャレを優先させたい気持ちはわかりますが、とても寒い日用に、厚着用のブーツを一足持っておくと安心かもです。

実家に帰った時に、母の防寒靴を履いていたのですが、やはり北国の物は優れています。
足を入れたときの暖かさがまるで違います。
今度実家に帰った時に、一足買ってこようと思っています。

靴下も、板張りの廊下を歩いても冷たさが伝わらないぐらいの厚手のものが出回っていて、東京に戻ってもこれが手放せません。
素材は、多少天然素材(毛など)が入っていた方が、肌にやさしいようです。
ユニクロの化学繊維のモコモコ靴下をはいたら、足の裏がひび割れてしまいました。
乾燥するせいでしょうか。私にはあいませんでした。

適度な運動は、絶対に必要です。
特にエネルギーは十分足りているのに冷える人、つまりふっくらしているのに冷え症な方は、気の巡りが悪いので、
強制的に気をめぐらす適度な運動は大切です。

私はわりと偏平足気味で、夕方になると足がむくみがちです。
そこで、ジムでトレーニングする時に、足の指の付け根の部分(外反母趾で出ている部分)に弾性包帯を巻いて、
足底のアーチを作ってからウォーキングやランニングをすることにしています。
こうすることで、むくみが軽減すると同時に、足が早く温まる効果も体感しました。

そして、一日の終わりには、やはりゆっくりお風呂につかることでしょうか。
シャワーではなくお風呂です。
サウナで温まることも効果的です。
出来たら、冷水とサウナを往復して、最後にサッと冷水を浴びると熱を逃しません。
サウナは、傷や手荒れも早く治してくれます。

今年はまだまだ寒い日が続きそう。
明日はこの冬一番の寒さとか!
まだまだ足ポカ生活追求します!
by satomi117h | 2012-01-11 23:33 | 今日の治療室くるみ | Comments(0)

順調なペースでダイエットに成功している患者がいらしてして、秘訣を伺いました。

食事の時は、まず野菜中心の副菜から食べる。
次に、お肉や魚といった主菜。
主食はなるべくあとからいただく。
そしてお砂糖入りの飲み物は避ける。だそう。
何も我慢や無理はしていないそう。
とてもシンプル。
食生活は何といっても大切です。

ほぼベジ歴15年の私は、最近、お肉を少し食べ始めました。
この年齢になった時、お肉で効率的にエネルギーを取り入れる必要性を感じました。
ここ数年、体重が減る一方なので、新しい食生活を試してみることに。

味も食感もはじめはまるでダメだったのですが、少しづつ慣れてきました。
どう変化するのか、観察しながら試していきます。
by satomi117h | 2012-01-10 20:41 | 今日の治療室くるみ | Comments(0)
今日は、クラニオ・セイクラルワーク(頭蓋仙骨療法)の患者さんが数名いらっしゃいました。
クラニオは、脳脊髄液の還流にチューニングするオステオパシーの代表的な治療法です。

http://www.kurumi-room.com/about/02.html

脳脊髄液の流れるリズムは、心拍や呼吸とは違う、潮の満ち引きのような神秘的なリズムです。
治療室くるみでは、患者さんの状態に応じて、『身体の中の潮の満ち引き』にチューニングするクラニオを効率的に取り入れています。

例えば、脳と脊髄を包む硬膜という膜のねじれによる腰痛、頭痛。
硬膜が原因と思われるものは、外力で調整するよりも内側からその動きにチューニングしつつ、その方にとってのニュートラルな場所に導いてあげるのが、最も効果的です。(これまでの臨床でそう感じていています)

また、ねじれ、ゆがみという構造的な問題以外に、メンタル的なところにも働きかけていきます。
脳脊髄液は、神経を滋養していますからメンタルへの影響大なのです。
神経伝達物質の生成を促して神経の通りをよくすることを助けているのでしょうか。
『心』は、神経と密接なつながりがありますから、クラニオがメンタルにいいというのもうなずけますし、実際、クラニオを受けたあとは、何となく満ち足りた気持ちになり幸福物質が溢れている感じがあります。

私が学んでいる鍼灸の学術団体では、『本治法』といって、
症状が出ている部位に対処療法的に働きかけるのではなく、その症状を作り出している大元に働きかける大切さを説いています。
治療室くるみでは、クラニオも、心身共に健康の大元に働きかける療法として大切にしています。

もっと詳しく知りたい方は…
http://www.kurumi-room.com/about/kuranio.pdf
by satomi117h | 2012-01-09 13:58 | 治療のこと | Comments(0)

スタートです!

治療室くるみ、本日から診療開始します。

b0093660_130458.jpg


キリッとした寒さですがいいお天気??
今日も平和な一日ですように☺
by satomi117h | 2012-01-08 12:44 | Comments(0)

自己メンテナンス…

開室の前に、まずは自分のメンテナンスです。
近くのジムで、ゆっくり体を動かしてきました。

『適度な運動』と『サウナ』は、身体を活性化してくれます。
手や足のかかとの荒れや切り傷、打撲痕の青あざの治りも、放っておくよりかなり早く治ります。
私の場合、家事で手が荒れたときには、何はともあれジムトレとサウナに走ります。

特に私のような虚弱系の体質の人には効果的です。
気血をめぐらす力が不足しているので、それをあと押ししてくれるのが、『運動』と『熱』というわけです。

自分のウィークポイントと修正ポイントを知っておくと、毎日がずっと楽になります。

治療室くるみでは、治療プラス養生のアドバイスで、皆様の健康をあと押しできれば…と考えております。
何か気になることがありましたら、ご相談ください。
by satomi117h | 2012-01-06 17:31 | 今日のとぱーずむ~ん | Comments(0)
新しい年を迎えました。
今年は、平和な一年であってほしいと祈るばかりです。

年末は、25日の寝台特急で実家に向かい、途中で大雪のため立ち往生。
越後湯沢、新潟、秋田乗り換えで何とかたどり着きました。

実家では掃除に明け暮れ、捨てたい私と取っておきたい母との間で冷戦勃発。
元旦には、ウチの町内のみ3時間停電というアクシデントが。

それでも無事冬休みを終え、本日東京へ戻ってまいりました。
これからTokyoモードに切り替え、また頑張ります。

本年もよろしくお願いいたします。

治療室くるみは、1月8日からの開室になります。
by satomi117h | 2012-01-04 23:20 | 今日のとぱーずむ~ん | Comments(0)