声のお仕事、身体のお仕事と心地よいライフスタイルを追求します(*^o^*)


by satomi117h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2011年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

子宮筋腫

NHKあさいちで、子宮筋腫をやっていました。
子宮の動きが神秘的でした。

生命のあるところにはすべて動きがあります。
その動きに静かに同調するだけで、身体は本来の動きをとり戻そうとします。
原因も治療法も分からないといっていましたが、
動きをつけてあげるということも、立派な治療の一つだと思います。

オステオパシーの内臓マニュピレーションや頭蓋仙骨療法では、まさにその動きにチューニングしていきます。
動きがあるという認識で身体に触れていくと、身体は自ら本来の動きをとり戻そうとします。
多くの代替医療は、その物理的な動きやエネルギー的な動きに働きかけることで、
本来の働きを呼び戻すことをしているのだと思います。

しかし、部位そのものを診ているだけでは、病のバックグラウンドは見えてこないのではないでしょうか。
目で見える、数値でわかる病変ができるずっと前から、それは少しづつ蓄積してきたものですから。

食生活や生活習慣などの内環境・外環境は、東洋医学やオステオパシーなど含めた代替医療では、一番に大切なことととらえます。

『粗食のすすめ』の幕内秀夫さん(管理栄養士)は、多くの患者さんの食事指導をする中で、
乳製品や肉、油脂類を多くとる西洋型の食生活が、生活習慣病やがんを生む要因になっているとおっしゃっています。
またそういう食生活の方を称して、『朝はフランス人、昼はイタリア人』とも。
もちろん、高度な栄養指導は、個人に対して丁寧に行うものだと思いますが、傾向としては言い得ていると思います。
身体は、部位だけではなく、その方丸ごと診ていく感性が、やはり必要だと思います。
by satomi117h | 2011-12-14 09:53 | 身体からだ! | Comments(0)

年内の予定

治療室くるみの今年の開室日も、今週と来週を残すのみとなってしまいました。

14日、19日は、まだ十分余裕があります。
他の日も時間帯によっては大丈夫ですので、ご希望の方は、お早めにお問い合わせください。

今年一年頑張った身体に、ありがとうのメンテナンスをしてあげて、ハツラツ新年をお迎えください。
by satomi117h | 2011-12-12 13:51 | 今日の治療室くるみ | Comments(0)

研修会でした

今日は、所属する鍼灸の学術団体『漢方鍼医会』の研修会の日でした。

ベテランの先生の臨床発表と実技です。

実技では、会長の天野先生の班で、後半、私が患者役で治療をしていただきました。
今日の一番のビックリは、天野先生が、私の腕を抑えて、
『あぁ、血圧低いね。100ないね。90ぐらいかね』とおっしゃったこと。
ピッタリに驚き、どんなふうにして計ったのかうかがいました。

同じ腕の上腕静脈と橈骨動脈の拍動部に触れ、上腕動脈の拍動部を押して、橈骨動脈の拍動が消えるタイミングを診ているんだそうです。

血圧の低い人は、上腕動脈の拍動部を押すと、すぐに橈骨動脈の拍動が消えてしまうが、
高い人は、なかなか消えないそう。
90ぐらいという数字は、たくさん診ていると分かるそうです。

最近、飲酒の席で具合の悪くなった方がいらして、
少し休んだらよくなったのだけれど、脈を診たらかなり高そうで、
本人が大丈夫というのを押し切り救急車に押し込み、
病院に着いたらろれつが回らなくなったというお話をうかがいました。

ベテランの先生ならではのお話。
ほんとに、学びの宝庫です。
by satomi117h | 2011-12-11 23:12 | 治療のこと | Comments(0)