声のお仕事、身体のお仕事と心地よいライフスタイルを追求します(*^o^*)


by satomi117h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

研修会...

漢方鍼医会に行ってきました。

今回の実技は、大阪漢方の森本先生の班でした。
とても軽い手でさっと触れていきますが、
問題のありそうな場所を瞬時にチェックしていきます。

先生は、問診の前にまずささっと触れて、
ご自分の所見が後の問診と一致するかみて、証を立てて行くそうです。

また病症の変化を追うことよりも、奥にあるものを見なさいというニュアンスのことも話していらっしゃいました。
つまり対症療法よりも原因療法、本治法ということ。
対症療法は西洋医学に任せておけばいいとも。
その本治法がいい方向に行っているのかそうでないのかを知る道しるべとして、
脈は大切ですと。

研修受けたあとは、何となく清々しい気持ちです。
翌日、患者さんを前にして、フっと確信めいた見たてがおりてくるような感覚の時があって、その感覚が好きです。

自分の中で『点』で存在していたものがつながる瞬間ですね。
ナレーションも治療も学びの過程は、共通項がたくさんあります。
by satomi117h | 2011-09-13 17:01 | Comments(0)

学期末...

講師を務めさせていただいているナレーションスクール・スクールバーズも今期のレッスン残すところあと1回になりました。

先日、個々の生徒さんの進路に関する講師会議が行われました。
何と8時間に及ぶ話し合いです。
私は治療室があったので、途中抜けてまた参加して...でしたが。

次のステップに進むのか、今のステップをリピートした方がいいのか、課題は何か、個々の生徒さんに伝えるアドバイスを話し合います。
順当に上のクラスに進める方ばかりではなく、胸が痛むことも多々あります。

それでも、プロフェッショナルの表現者育成を標榜しているスクールである限り、単にその方が半年間でどの位伸びたかではなく、ある基準に従って評価せざるを得ないところはあります。

私もかなり年齢がいってから鍼灸学校に入学しました。
今も、学術団体で研修を受けています。
だから、生徒さんの気持ちは、少しは理解できるつもりです。

学びの場では、あれやこれやいろんな切り口でいろんなアプローチを学びます。
それらを『点』としたら、自分の中でどれだけの点を結んで自分らしいカーブを描けているか。

そして自分の枠を超えて自分以外の誰かと共振することができるものであるかどうか。
そこらへんが鍵だと思います。

そして、そのことをナレーションにおいても治療においても、常に試されているのだと思っています。

怠け者の私は、よくしっぺ返しを喰らいます。
でも自分で選んだ道だから、また尻叩きつつ進みます(^_^;)
by satomi117h | 2011-09-10 10:16 | 今日のとぱーずむ~ん | Comments(0)
toka会で『ボイスマネージメント講座』をやらせていただくことになりました。

tokaとは、『等価交換』からきている言葉で、お互いにできるサービスを交換し合う会です。
起業家や個人事業主の間で、今話題の会です。

友人が主宰する会に初めて参加し、後日、私は『ボイストレーニング』を提供し、『アロマでリンパマッサージ』の提供を受けました。
他にも『コーチング』と『看板にイラストを描く』の交換や、
『アロママッサージ』と『数秘術セミナー』の交換など、興味深い交換が成立していました。

人のつながりと行動範囲が広がる素敵な会です。
by satomi117h | 2011-09-03 10:58 | Comments(0)