声のお仕事、身体のお仕事と心地よいライフスタイルを追求します(*^o^*)


by satomi117h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

7月の開室日

治療室くるみの7月の開室日です。

7月3日(日)〜5日(火)
11日(月)〜13日(水)
21日(木)〜23日(土)
25日(月)〜27日(水)
31日(日)〜8月2日(火)

お休み前にゆっくり受けたいという方のために、週の後半の開室を設けました。

また、『セルフトリートメント』が復活して賑わっています。
指定の日は設けていませんが、
数名のグループで、スケジュールの合う日に開催しています。

『セルフトリートメント』は、
経絡ストレッチと呼吸法、AK(アプライドキネシオロジー)で、
身体の闇に光の道を開いていきます!

ちょっと大げさですが(笑)
普段使えていない場所、意識できない場所は、エネルギーの流れも気血の流れも悪くなっています。

そういう場所を探し出して、
ギ、ギ、ギ、ギ〜…とこじ開け道をつけます。

呼吸が深くなって、気血がジュワ〜っと流れて、新しい身体の感覚と出会えると、
気持ちも前向きになりますよ。

『セルフトリートメント』は、数名のグループでお受けしていますが、
コーディネイトも可能ですので、
ご希望の方はお問い合わせください。
by satomi117h | 2011-06-28 17:16 | 今日の治療室くるみ | Comments(0)

今日のテレビタックル…

豪華ゲストで楽しみ、そしていろいろ感じ入ることがありました。

生放送は、ちゃんと仕切らないと進まないし、仕切りすぎてサクサク進むと上っ面になってしまい焦点がぼけてしまうし、難しいですね。

でもはたで見ていると…
人の話をちゃんと聴いてジャストなことがいえる人、
話している先から次のことを考えて気持ちがそこにいない人、
風見鶏的な人…
いろんなことが見えるもんですね。

先日、菅総理の不信任案が否決された後の自由報道協会の原口議員の会見をニコニコ?ustream?で見ました。
自由報道協会は、『記者クラブ』に属していないフリージャーナリストの集まりです。
今回の震災に関しても、東電や官邸の会見に際し、
所属組織やスポンサーに縛られずに、深層に迫る質問を発していた彼らの活動に関してはずっと注目していました。

そのジャーナリストたちと原口さんはいい関係を築いているのでしょうか。
当日の会見は、いい雰囲気で進み、あ、この議員さんなら民意を汲み取ってくれるかもしれないと思わせるものでした。

ちょうどその前の民主党の代議士会でも、『20ミリシーベルト問題』の撤回と子供たちの避難を菅総理にせまり、
この人なかなかやるじゃん?と思わせるものでした。

でも、今日のテレビタックルで、
『政治家は、一体何をどうしようとしているんですか?この事態をどう思っているんですか?』という素朴な問いに
一切声を出さず。
菅内閣があれをしないこれをしないということには皆さん雄弁なのですが、肝心の地元の方の声にはコメントなしです。
出演していた代議士、与党野党関係なく、誰一人言葉なしにはガッカリしました。

特に原口さんは、地元の方の発言の後にコメントを促され、
『今のコメントに対してですか?』と確認した後で、司会者にご自由にといわれたら
地元の方のコメントを拾わずに、自分の主張を始めました。

これは、番組の進行上も被災者の心情を推察するうえでも、良くない!と思いました。
というか馬脚を現したなというカンジです。
結局この人は、目の前の民の声に耳を傾けるより自分の理屈なんだなぁと思いました。
というか、馬脚を現したというカンジです。

20ミリシーベルト問題も自由報道協会での物分かりの良い会見も、一気に嘘っぱちに聞こえました。
あ、この人、今、世論はどう流れているのか、どう立ち振る舞ったら自分の株が上がるか、それを考えて行動している人なんだ…と。

もちろん、議員として自分のテーマはあるでしょう。
でも、目の前の人の声にこたえられずに、何が議員ですか。

政治家は、どうして謝らないのでしょうか?
内閣にいないからといっても、国民に選ばれた代表じゃないですか。
内閣を批判する前に、国民に対して、被災者の声に対して真摯に答える義務はあるはずです。
それができない代議士は、小学生以下です。
と私は思いました。

色々言われていますが、原発の事故以来、ぶれることなく自分の意見を主張している武田先生は立派だと思います。

そして、世界の動向を見渡し、数字を示しながら、一貫して自然エネルギーの可能性を説いている飯田さんも尊敬に値します。
みていてなんとなくおちゃめなところも好きです。

ともかく、動き出そう!
さっさとはじめようよ。
そうできなかった政治家はごめんなさいといいなさい!

番組見ながらあらためてそう思いました。
by satomi117h | 2011-06-06 23:32 | 今日のとぱーずむ~ん | Comments(0)

うどんでカルボナーラ

b0093660_226345.jpg


二日前のナスの田楽用のお味噌をアレンジしタレを作って、うどんのカルボナーラ風。
結構いけました。

豆乳、揚げ、チーズが入って、蛋白質も充実。
手前味噌ながら、ホントに美味しかったです(^-^)/

あぁ充実イエご飯(^-^)
by satomi117h | 2011-06-06 21:53 | ほぼベジ生活 | Comments(0)

タツローとユーミン…

治療室です。

遅いお昼でラジオ聴きながら過ごしています。
Tokyo FMかな。
ユーミンが終わったと思ったら、タツローです。

懐かしいなぁ。
まだやっていたんだ。
懐しい喋りメロディ…

新しい曲でもどこか懐かしく、一気に時間をさかのぼるカンジ。
この番組は、よく車で聴きました。
スキー場への行き帰り。
近くのマーケットで買い物して、ついついそのままドライブの時とか。

ついこの間という気もするけど、
もう10年以上もたっている(^_^;)

何が変わったんだろう。
何が変わっていないんだろう。
失ったものは何?
得たものは何?

幸せな人生だった?
と、自分に問いかけてみたりして(^_^;)
by satomi117h | 2011-06-05 14:10 | 今日のとぱーずむ~ん | Comments(0)
昨日から南風に変わったので、お洗濯しました 。
原発の事故以来、風向きはやはり気になります。
被災地の方はもっと大変な状況だと思いつつ、これだけ長引いてかつ行政も信用できないとなれば、
いろんな情報かき集めて自衛していくしかありません。

震災から間もなく3ヶ月になろうとしていますが、どこかに慢性疾患を抱えている身体のように晴れ晴れとした気持ちになれません。

日本列島が一人の身体だとすれば、胸から脇腹あたりにかけて重症をおっているのですから、当然です。
多くの人が感じる違和感は、やはり自分自身の一部が病んでいる痛みだと思います。

でもだからといって臥せってばかりはいられません。
治癒力を上げるには、デトックスと食養生です!
前置きが長くなりましたが、つまりは掃除と身体に優しいご飯です(^。^)

今日は、しばらく封印していたところにバッサリ切り込みました(笑)

物が動いてスペースができて光があたると、清々しく、気持ちも前向きになります。
お掃除は、最高のデトックス。
つまりは滞っているところを流す作業。
これは治療と同じです。
今、断捨離がブームですが、ものすごく共鳴します。

そして無駄な物を捨てたら食もシンプルに。

こんな風に、日本という身体の細胞一つ一つ、つまり私たち一人一人が、掃除と食養生に心がければ、日本の治癒力もアップするはず。

私は実はほんとにそう信じています。


b0093660_2343828.jpg



ご飯は、米ナスの田楽と作り置きのお惣菜。
お友達が焼いてくれた瀬戸焼風の器で。
労働のあとのビールは美味しい(^。^)
by satomi117h | 2011-06-04 20:44 | 今日のとぱーずむ~ん | Comments(0)