声のお仕事、身体のお仕事と心地よいライフスタイルを追求します(*^o^*)


by satomi117h

<   2007年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

デジタル生活…続く…

クリスマスの深夜に小田さんの番組見ていたら
帰省のお供にiPodが欲しくなり買いました o(^-^)o

ここのところPCとは相性が悪く
また一晩覚悟と思いきやあっさりOK !!
使い方もいじって5分もしないうちにマスター。
PC本体のiTunesの曲が全部持ち歩けマス。
素晴らしい ♪
音がよくないけど、ま、この便利さなら我慢かな。

それでも、この時間になったのは、
朝からバイオのサポート電話して、
立ち上がらなくなったテレビ録画の管理ソフトを
復活させようと頑張ってもらったのです。
結局アウトで、
そうこうしているうちにプリンターが動かなくなって
年賀状印刷できなくて…
結局、いつもこの時間で帳尻があうようになっているのか。

デジタル生活は、ホントに不健康です ^^;

でも、アップルはけっこ好きになりました。
by satomi117h | 2007-12-27 05:48 | 今日のとぱーずむ~ん | Comments(3)

ハイテクオンチ…

テレビチューナーつきのPCはとても便利で
予約録画はもっぱろそれで済ませていたのですが…
シマンテックを更新したら立ち上がらなくなってしまいました 。
メールで問い合わせても埒があかず
エイッ!っと、DVDレコーダーを買いました。

ところが…こちらはこちらで手強かった ^^;
セッティングに一晩 。

ラック裏のいろんなコードが複雑怪奇に入り組んでいて
思い出しながら解明するのに一苦労。
初期設定に二苦労(笑)
手っ取り早く留守録に必要な事を設定したいのですが
ここでまたまた三苦労…みたいな ^^;

果たして、それほどテレビっ子ではない私は、
これ、使うのだろうか(笑)
それでも、ひとあたりいろんなチャンネルカチャカチャやって
今、古いドラマにはまってます (^-^)
by satomi117h | 2007-12-16 13:28 | 今日のとぱーずむ~ん | Comments(2)
卒試も終わり、国試の追い込みまでゆったりした時間を過ごしています。

今日は、M林さんのお誕生日だったので
お外でランチしました
がっこ卒業したら、この街に来る機会もなくなるので、
いろんなお店行っておこう!ということで
今日は、新しく開拓した韓国料理屋さん。
豆腐ちげをいただきました。
あったまりました

あっという間の3年間。
あと1年遅かったら、いろんな意味で辛かったなぁ…。
思い切って入ってよかった…としみじみ語りました。
年齢が近いだけに、よくわかります(笑)

がっこの授業も、卒業してからを見据えたものが多くなります。
今日は、実際に資格をとったあと
どのぐらいの人がどんな活動をしているのか、
治療費は?保険治療は?地域とどのように関わる?
他の医療との提携は?などなど、
現役の先輩のお話を伺いました。

鍼灸師として大切なことは?と聞かれて、
私はやはり、患者さんを診られること、
自分なりの診たてをもって患者さんに向き合えることが大切かなぁと。

地域密着や他の医療との連携が大切とか言われても、
自分の技術や知識がおぼつかなくては、
その先にある何のアイディアも沸いてきません(笑)
でも、どんな自分になったらOKが出せるのかも分かりません。
先生は、卒業したら患者さんがいろんな事を教えてくれます。
これからは患者さんが先生ですとおっしゃいました。
うぅ…ん。一里あるけど、そういう思いで怖いもの知らずに行動できた時代はとうに過ぎてしまったような…。

そんな時代のあとには、直前の問題をクリアしないと
前に進めない時代に入りました(笑)
保留しといて、ま、とりあえず次ぎ!みたいな
それが出来ない。

試験でも、前の方に分からないものがあると
もう気になって前に進めない。そんなタイプ。

何かがあったような気がする(笑)
私の伸びやかさを奪った何かがあった気がする(笑)
ただ単に歳喰って臆病になってるだけかなぁ…。

なんて、卒試終わってそんなこと考えました。
by satomi117h | 2007-12-14 20:38 | がっこ生活 | Comments(0)

試験を振り返って…

卒試の解説がありました。
わたし的には、落としたものはなかったのですが、
ひぇ~~!!、公衆衛生&関係法規が、最低でした
あなどってはいけないと心に誓い、
昨日から、問題集やっつけよとう、べんきょ始めました。
ま、ごくごく常識的なことに弱い私です。

あと、中医の基本的なところに、
確信のないまま来てしまったってところが
まずいなぁ…と。
だって、問題に向き合って、正解はこれ!的な確信ないもの多すぎな気がします。
私だけ??
それ、一切習ってないですから!!!とか
授業がありながら、補講や国試対策で、始めて、ほぉ~~そうなんだぁ…と感心するのはなんか違うような…。
授業で、ちゃんと触れてほしいなぁと思いました。

そういう部分で、先生のバックグランドや
臨床で、その先生が感じたこととか
そういう事を含めて、その先生からいろんな事を学びたいなぁと
思います。


最終的には、本人の学びの姿勢に関わることだと思うのだけど
学校というところでは、
必要最低限のことは網羅してほしいと思います。
それが学校なんじゃないかなぁと思います。

盗めとか、本人次第とか
私は、学校では、それは違うと思う。

勿論、受け取ることにあぐらをかいていてはいけないと思うけど
その世界の誰にも通じる最低のセオリーをおしえるのが、学校だと思うから。
それを受け取れなかったと感じたら、
堂々と疑問を呈していいと思う。

なんだっけ?(笑)
そう、私は、卒試を通して
評価される対極にあること、
学校で学ぶとは、どういうこと?もまた感じました。
by satomi117h | 2007-12-12 00:19 | 今日のとぱーずむ~ん | Comments(2)

アルバム…

b0093660_6231863.jpg


b0093660_6245310.jpg


秋に実家に帰った時、屋根裏部屋を整理していたら
無造作に紙袋に入った写真を見つけました。

父が教員時代に撮った子供たちの写真です。
修学旅行、運動会、学芸会、父兄参観日、スキー大会、遠足、植林、授業風景…
白黒の、セピア色した写真がどっさり。

しっかし、撮るだけとって何十年も整理せずに放って置くのは、
ま、いつもの父です。
アルバムに整理してあげようと東京に持ち帰り、やっと作業が終了です。

昭和の30年代かな。
みんな素直な笑顔です。
行事に参加する父兄の写真もたくさんありました。
草木の匂いや日差しの暖かさが伝わってくるようなものがたくさんあって、
あらためて、父や、私たち家族を育んでくれたものを感じました。



私がまだ幼い頃、父は、押入れに現像室を作って
自分で焼いていました。
ぼんやり憶えているのですが、
母の話しだと、何か行事があったあとは、
必ず押入れに籠り、ほとんど寝ずに作業し、そのまま学校に行くことも度々だったとか。

中毒っぽく熱中するのは、父譲りかぁ…。
私も、気づけばこの時間
どーして、妙なとこが似る^^;
by satomi117h | 2007-12-09 06:25 | 今日のとぱーずむ~ん | Comments(4)