声のお仕事、身体のお仕事と心地よいライフスタイルを追求します(*^o^*)


by satomi117h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:がっこ生活( 27 )

最後の授業…

最後のランチして、最後の授業受けて
ロッカーの中片付けて
IDカードとロッカーキー返して
大きな荷物引きずりながらクラスの打ち上げ参加して
帰ってきました。

しんみりしてます。
いろんながっこ生活経験してきたけど
こんなに正面から向き合ったのは初めて。

残念だったのは、家庭の事情や仕事のスケジュールで
何時間か休まざるを得なかった授業があったこと。
受けられない授業があると身を切られる思いでした。

高校で登校拒否、
大学4年の時は、就職決まってたけど卒業が危ぶまれた私とは別人!
やはり、自分で学費払ったせいでしょうか。
絶対元は取るというおばさん根性でしょうか(笑)

ゆっくり睡眠時間とって
静かに瞑想したいです。
ニュートラルな心で、明日からの自分に出会いたいと思いました。
by satomi117h | 2008-03-18 00:51 | がっこ生活 | Comments(2)

国試終了o(^-^)o

ホッとしましたです (=^^=)

がっこ行って、せんせが出してくれた模範解答で自己採点し
8割ぐらいはいけてました。

でも、がっこまでの道のりはグッタリ。
結構難しくて、午前中の基礎医学もサクサクは進まず
2時間たっぷり使いました。

午後からの東洋医学系で挽回しようと思いきや…
ところがどっこい!私は、午後からのほうが難しくて途中で泣きそうになりました。
確実に出来ている感のないものばかりでしたから。

がっこ帰って採点して、ようやく元気になり
お友達とワインで乾杯。ご飯しましたよ♪


けっこ、きんちょーしてたのかな。
あとで考えると、
そんなにあわてなくていいのに、
自信のないのにぶつかると、そこが気になって
前に進んでもどこか上の空。

一昨日あたりまでは、
べんきょだけしていればいいのは、なんてラクチン
なんて思っていたのに、
今日の午後の試験、1時間経過あたりで
もーやだ!!!こんな思いは今日でホントにおしまいにしたい!!!
とマジで思いました(笑)

明日からは、ホントに好きなこと楽しみたいです…
ところが、明日から後期試験です。
なんて非情ながっこでしょ ^^;

今朝、会場の正門にせんせたちが応援に駆けつけてくれて、
ついホロッときたのに…
おにぃ…
by satomi117h | 2008-02-24 20:52 | がっこ生活 | Comments(4)
がっこも自宅学習でお休み。
気を抜くと、わたしの場合激しく夜型になってしまうので、
がっこに出てっておべんきょしてます。

ホームルームに、国試まであと3日!!!
なんていう日めくりがあって、けっこ盛り上がってきました。
私もお仕事もとりあえずお休みして、準備してます。

これが、楽しいんだなぁ…
だって、誰にはばかることなく堂々と休んで
おべんきょだけしていればいい生活が許されるのですよぉ
わたし、この3年間で、一番ストレスない時間楽しんでます(笑)

この気持ちを卒業後にもつなげたいな。
節分終わって年明けて、なんとなく新しいスタートを切った気がしていますo(^-^)o
by satomi117h | 2008-02-21 21:40 | がっこ生活 | Comments(8)
卒試も終わり、国試の追い込みまでゆったりした時間を過ごしています。

今日は、M林さんのお誕生日だったので
お外でランチしました
がっこ卒業したら、この街に来る機会もなくなるので、
いろんなお店行っておこう!ということで
今日は、新しく開拓した韓国料理屋さん。
豆腐ちげをいただきました。
あったまりました

あっという間の3年間。
あと1年遅かったら、いろんな意味で辛かったなぁ…。
思い切って入ってよかった…としみじみ語りました。
年齢が近いだけに、よくわかります(笑)

がっこの授業も、卒業してからを見据えたものが多くなります。
今日は、実際に資格をとったあと
どのぐらいの人がどんな活動をしているのか、
治療費は?保険治療は?地域とどのように関わる?
他の医療との提携は?などなど、
現役の先輩のお話を伺いました。

鍼灸師として大切なことは?と聞かれて、
私はやはり、患者さんを診られること、
自分なりの診たてをもって患者さんに向き合えることが大切かなぁと。

地域密着や他の医療との連携が大切とか言われても、
自分の技術や知識がおぼつかなくては、
その先にある何のアイディアも沸いてきません(笑)
でも、どんな自分になったらOKが出せるのかも分かりません。
先生は、卒業したら患者さんがいろんな事を教えてくれます。
これからは患者さんが先生ですとおっしゃいました。
うぅ…ん。一里あるけど、そういう思いで怖いもの知らずに行動できた時代はとうに過ぎてしまったような…。

そんな時代のあとには、直前の問題をクリアしないと
前に進めない時代に入りました(笑)
保留しといて、ま、とりあえず次ぎ!みたいな
それが出来ない。

試験でも、前の方に分からないものがあると
もう気になって前に進めない。そんなタイプ。

何かがあったような気がする(笑)
私の伸びやかさを奪った何かがあった気がする(笑)
ただ単に歳喰って臆病になってるだけかなぁ…。

なんて、卒試終わってそんなこと考えました。
by satomi117h | 2007-12-14 20:38 | がっこ生活 | Comments(0)

人生の宿題…

う…ん…まずいかも。明日の試験。
半米粒大の艾炷、1分間で20個そこそこ。
おかしい。
1年の時も2年の時も25個はできていたはずなのに。
下手になったのかなぁ。

取穴40箇所は、自分の手足では大丈夫。
しかし!!!
相手に向かいあうと、尺側、とう側、関節の上下、
第何指かが、一瞬わからなくなります
これって、進行方向でしか地図見られないのと一緒。
かなり老化現象来ていますよ。

先日、放課後残って4択の問題の出しあいっこしました。
目で見ながら、読みながらならOKなのに
耳だけで問題聞いて答えるのって
すごく難しいいんだなぁ、これが。

聞いてるそばから、前の情報が消えていきます。
ヤバ!!
と思ったのは、私と、ほぼ同年代のO井さん(笑)

え?問題なんだっけ?あってるの答えるの?違うのだっけ?
一番なんだっけ?二番は?一番もう一回…

二十歳そこそこのJJと20代半ばのH口君は、
私たちのやり取り聞いて、笑い転げています。
君たちだって、そのうち来るからね

明日の試験は、実技と東洋医学臨床論。
東臨は、傾向がわからないので、みんな戦々恐々としています。

評価されるのは心地よいものではないけれど、
何を学ばなければいけないかが分かって
そのことにきちんと向き合う時間を持つと
むしろ試験を受けるのが楽しくなってきたりもする。

自分が大切と思ったことは、先生が思うこととどの程度一致しているか?
ゲーム感覚で楽しめたりもする。
で、逆に先生のセンスが評価できるようになると
試験はもっと楽しくなる(笑)

それほどの余裕はないけど、
この歳になって、若い頃、もっと楽しんでべんきょすればよかったなぁってつくづく思う。

おべんきょ嫌いの私が、今また学びの時を持っているのは、
人生でやり残した宿題を片付けているような気がするなぁ。
by satomi117h | 2007-09-09 16:42 | がっこ生活 | Comments(4)

よう来たなぁ…

小児鍼の授業がありました。
先生は、奈良からいらしたY本先生。

『よう来たなぁ』
『ボク、名前なんていうん?』
『かっこええ靴下やな』
『ほんまにいいこやなぁ』

なんていうか、先生が話し始めた途端、
周りはほんわか関西ワールド!
特別出演のかとーくん4歳も、
『さぁ、かとーくんをしょうかいします~~』
の声に、はにかみながらも得意げに登場。

二言三言言葉を交わすうちに、すっかりニコニコ顔で
T-シャツも靴下も自分から脱いで
ベッドの上でゴロリンコしてます。
うつぶせは、
『スーパーマーン~~!!!』

う、うまい!!

治療を超えて、表現の達人を目の当たりにしている気がしました。



先生の言葉を聞きながら、
ふと、父の担当医の事を思い出しました。

15年以上も前、大腸がんの疑いありの父が
ちっとも検査に行こうとせず、
業を煮やした母が、いきなり、名医といわれる隣りの県の大学病院の先生の下へ
紹介も予約もなしに連れて行ったときのこと。←ホントはいけません!

時間を割いて診察室に招きいれてくれた先生が、
初めてかけてくれた言葉が

『遠いところよく来ましたね』

母から何度も何度も、その話しを聞かされました。
病気のことで不安なうえに、
予約もせず、というか、そういうシステムすら念頭になく
果たしてその先生に会えるかどうかすらも解らず
不安でいっぱいだった時に、
そのひと言に、涙が出るぐらい嬉しかったと。

診察や治療の前に、すでに始まっていることがあるんだなぁ…と
つくづく感じました。


さてさて、
小児鍼特別出演のかとーくん4歳は、すっかりがっこが気に入ったらしく、
翌日も行く気満々だったそう。

そういう気にさせる治療家目指してがんばろう!!
by satomi117h | 2007-07-26 20:18 | がっこ生活 | Comments(2)

電気鍼…

つ…ついに来てしまった電気鍼の授業…

普通にさしても嫌いな響きなのに
太い鍼でしかも深刺しで、その上通電する!はぁ???

私に、失神しろと???

ウチのがっこなら、この治療免れると思ったのに、甘かった…

今日は通電の前段階で
合谷と、顏のツボ数箇所に、寸3-5で打つ練習です。

なんとか失神せずに終えました ^^;

来週、急用入るかも…。


しっかし、四谷の某学校は、現代鍼灸を標榜していて
これがすっごく多いんだそう。

けっこ、携帯用の通電器みんな持つらしいよ。

ウチの生徒の通常の買い物といえば、手作り金鍼、銀鍼、鍉鍼、三稜鍼、鍼管…
一年の時に、
『こんな鍼灸師にはなりたくない』という項目に
『電気ばっかりかけて手技をしない鍼灸師』と書いた人がいました(笑)

がっこ変われば生徒も変わります。

目つむって出るかなぁ…

想像したら異常にこーふんして、ピーナツチョコ激喰いしちまいました。
よほど身体に悪いよ~~
by satomi117h | 2007-06-11 20:56 | がっこ生活 | Comments(2)
b0093660_23265357.jpg


今日は、按摩科のミヤちゃんにもんでもらいました。

按摩はやっぱ気持いいです。
頭の中まっさらにして身を委ねていられるってことは幸せなことです。

あたり前だけど、一年のときより数段上手くなってる!!
タッチはもちろん、コリをつかまえる感覚も最適な圧の感覚も…。
さすが、按摩マッサージ科!

私は果たして、同じぐらい鍼とお灸上手くなっているんだろうか…。
頑張れ私、鍼灸科デス。

終わってミヤちゃんのTシャツに目をやると、
なんと、同じ陰陽巴の模様。

もー、絵に描いたような鍼灸学校生!
ファッションにも影響大です、その哲学(笑)
by satomi117h | 2007-06-08 23:26 | がっこ生活 | Comments(0)

正座と論語…

毎週木曜日の放課後、
畳の部屋で、30分正座で内観、その後論語を読むという課外に出ています。

M川先生のご指導の下、1年から3年までの希望者数十名。

M川先生は、2年の時、東洋医学概論と養生学を教えてくださった先生。
古典では、とても有名な先生らしいのですが
私にとっては、今までの授業で一番面白かった養生学のせんせ!

せんせ的には、今『肚(はら)』というのが、
日本人が日本人たる所以のテーマなんだそうです。

まだ貧しい時代、
体格では欧米人に劣る日本人は、
その小柄な身体を最大限有効に使うことで
対抗してきたと。
それが、肚(はら)の文化に通じているとおっしゃいます。
腹ではなく、『肚』というのがミソ。

鍼灸は、中国で生まれたものだけど、
日本に入ってきて、独自の発展を遂げたといいます。
かつて存在した、キチッと正座して患者に対するスタイルも
日本の鍼灸の一つの特徴ではといいます。

皆さんには、鍼灸医学だけでなく
東洋医学を学んでほしい。
日本の文化の中で根付いてきた東洋医学を…
その一つのピントが、『肚』の文化にあるのでは…

というようなことを
課外の初めでおっしゃっていました。

ググッときました。


論語は、ほんの数行、
先生の後について
『しいわく…』と、みんなで音読するのですが
これがまたいいんですよ。

こんな風にみんなで声を合せて読むなんて
多分小学校以来?
でも、理屈ではなく言霊というものの存在を感じます。

仕事がら音読はしょちゅうするけど(笑)
もっともっとやっとけばよかったなぁ…

今の子ども達も、正座してこんな風に声を出すことがあったら
肚がすわるのになぁ…
そしたら、体力的にも精神的にも今より数パーセントは、
アップするかもと思いました。

この時間のたびに、
祖父の事を思い出します。
正座の仕方は、祖父から教わりました。

特別厳しいわけでもなく
あたり前の事をあたり前に教えてくれました。
そんな時代を過ごせた事を
今になってとても幸せだったと思います。

b0093660_2253373.jpg


そんな充実の時を過ごして外に出たら
お向かいのマンションの垣根にクレマチスが。
いつもなら見過ごしそうなのに
ついカメラを向けたのは、
やはり、いい時間を過ごしたからですね(*^o^*)
by satomi117h | 2007-06-07 22:53 | がっこ生活 | Comments(2)

『よいしょ』合戦…

曜日から金曜日までは、毎日実習がある。
去年までに比べたら、教科書など日々持ち歩くものが少ないので、楽なはずなのに、
なんだか、いつも荷物が多い。
そして、なんか疲労感に満ちている。

で、ロッカーで、つい口にするのが
『よいっしょ』
あっちこっちで、『よいしょ』
ちょっとした動作で、『よいしょ』
名づけて『よいしょ』合戦(笑)

それでも『どっこいしょ』が出ないだけまだ余裕らしい。

思うに、
よいしょ<どっこいしょ<無言でため息…か…

荷物もそうだけど
けっこ、治療し疲れ、受け疲れ…だと思う。

深刺しで冷や汗かきまくりとか、
ものすごくだるくなるとか、
人によっては原因不明の熱が出るとか…
組む人との相性もあるし、
それはもう、いろんな事が起こる。

授業だけでもそうなのに、朝授業が始まる前、お昼休み、放課後とさらに治療しあう人も多いから、
うちのがっこは、ホントに鍼や灸が大好きな人が多いと思う。

私も、はまればオタク的に突っ走る人だけど、
ここのがっこのみんなにはかないません

座学より実践派だと思っていたけど
金曜日の座学が、一番ホッとするひと時
国試対策小試験が、オアシスです(笑)
↑まだ時間があるから。

と、日々を振り返っていたら、お腹が痛くなってきましたぁ。
遅い夕飯が、過酷な日々を過ごす身体に
さらに負担をかけたに違いないです。

しょうがないなぁ…。
お灸して寝よ。

よいっしょと、道具箱を取り出すのです。
by satomi117h | 2007-05-11 00:18 | がっこ生活 | Comments(0)