声のお仕事、身体のお仕事と心地よいライフスタイルを追求します(*^o^*)


by satomi117h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:身体からだ!( 27 )

使い捨てカイロ活用法…

b0093660_18101469.jpg


暖冬と聞いて、ちょっと油断したこの冬、結構寒いじゃないですか!
そこで、私なりの寒さ対策の工夫を少し…

おしゃれはこの際置いといて、とにかく足元暖かくしています。
この時期は、実家から持ち帰った母の防寒靴が大活躍。
外側は合皮でダサダサですが、中はボア付きで暖かい(#^.^#)
なんせ雪道ザクザク歩けるものなので、外の寒さを遮断してくれます。
雨でも雪でもなんでも来い!
厚手の靴下と、激寒の時は使い捨てカイロも入れます。
足元は大切です。寒い時は無理せず暖かいブーツを履きましょう。

使い捨てカイロは、上手に使うとスグレモノです。
寒さによる頭痛には、帽子もいいですが首の付け根(肩との接点)に張ると、
寒さからくる肩こり、首コリにも効きますし、気持ちもほっこり(#^.^#)

その他、下半身の冷えには、腰、お腹の貼るカイロは定番だと思いますが、
大腿部(膝の上)に貼って、大きな筋肉を温めて血行を促進させると、末端も温まりやすくなります。
(肌着の上から貼ります)

また、差し込むような神経痛の痛みにも、その場所に、ぺたりと貼ります。(下着の上からです)
私は、体側の脇腹に時々痛みが出て、鍼やお灸を試してみましたが、
カイロを貼って、持続的に温めるのが一番効きました。

そして、特に、大発見!と我ながら悦に入っているのは、
膀胱炎っぽい違和感、夜中に何度もトイレに起きるというような頻尿には、
ショーツ、もしくは肌着の陰部に当たる部分にミニカイロを貼ります。
まさに、生理用パットのごとくです。
膀胱炎の症状には、よく効きますし、夜間のトイレも少なくなります。

ただし、十分ご注意いただきたいのは、低温やけどです。
必ず肌着の上から貼って、皮膚の状態もよく観察して、異常があったらすぐはがしてください。
特に就寝中は長時間になるので、はじめは昼間に試してから行うようにしてください。

また、使い捨てカイロは、メーカーによって、温度の上がり方や温度そのものも違いがありますので、
十分ご注意ください。

というわけで、寒さ対策の工夫を少しご紹介しました。

一番は、こまめに体を動かすことですね。
ザクザク歩けば体は自然に温まりますし、気もめぐります。
この時期、私が体験した中で、ダントツに効果的だったのは、実家での雪かきです(+o+)
もう体中がポカポカ、背中はうっすら汗ばむほどです。
あぁ、自然とともに生きれば、この世は上手く出来ているんだなぁと思いました。
正解は、ごくシンプルです!

写真は、年明けのお年賀。
by satomi117h | 2016-02-02 19:04 | 身体からだ! | Comments(0)

足のしびれ

4,5日前から左足の小指と小指側の足底が痺れています。しびれというより感覚が鈍い感じ。
忙しさに紛れて放っておいたのですが、少しひどくなっているぞ!と気づき、
昨日から真剣に治療開始しました。

通常は、右側の座骨神経や仙腸関節が疼きがちなのですが、今回は左側です。
腰椎、仙椎まわりよりも、足そのものを疑いました。

なぜなら、桜の季節以来、よく歩いているから。
最近でも、一日平均の歩数は、7000歩以上。
桜の季節は、2万歩以上が数日。
かなり疲労も感じていました。

よく見ると、左内くるぶしの下の舟状骨の出っ張りが、右に比べ左のほうが下がっています。
アーチが崩れて神経が影響受けたのではと推察。
ちょうど脛骨神経の枝が分かれて足底外側に伸びています。

で、今朝テーピングしてきました。

早く治さないと。私のGWはこれからですから013.gif
by satomi117h | 2015-05-03 11:06 | 身体からだ! | Comments(0)

顎関節症とモンキー立ち

今日は、セルフ・トリートメントがありました。

最近、顎関節症の患者さんが多く、今日のセルフ・トリートメントのメンバーの中でも気になる方が数名いらしたので、
前半で顎関節のチェックとケアについて行い、簡単なエクササイズと通常のセルフ・トリートメントでどう変化するかみていきました。

顎関節症については、医学的には幾つかの分類があるはずですが、
今日したことは、主に噛み締め癖によるものです。

まず、痛みの箇所のチェック、そして口の開閉で痛みはないか、開き具合はどうか、開閉に左右のズレはないかなどをチェックします。

顎関節(下顎の付け根)の痛みと共に多くみられるのが、下顎角(下顎のエラの内側部分)の痛みです。
強い噛み締めグセのある方は、ここに必ずと言っていいほど圧痛があります。

普段痛みは感じないが、押してみたら痛みがあった。
開閉がスムーズでなかった、左右でズレがあったなどを確認した方は、
今日から!顎関節に負担をかけないようにすることが大切です。

噛み締め癖や歯ぎしりがいけないのはもちろんですが、意外と口の開け方で負担をかけていることが問題です。

口を開くとき、下顎の先は、どっちの方向へ向かって動いているでしょう


意外と、後ろへ引くような意識で持って行っているという方が多いようです。
実は、これは、解剖学的には顎関節に負担のかかる方向なんです。

下顎は、頭蓋骨(側頭骨)についており、下顎の付着している部分は、閉じる時には後方へ、開くときには前方へ滑ります。
実際に耳の少し前の部分に触れて口を開閉してみれば、開けた時に下顎の突起が下前方へ移動するのがわかります。

つまり、口を開ける時、下顎は、後ろへ引くのではなく、下前方へだらりと垂れ下がるのです。
大きく開けると、それはそれで今度は、開ける筋肉が過緊張するので、ここでは、間違った使い方をリセットする意味で、ちょっとアホ面になりますが、下顎の重さに任せて、下前方へだらりと下げるイメージです。

口を開けるときに音がする、開けずらいという方も、下顎の正しい動き方を認識するだけで、かなり改善されます。
どうも間違った思い込みが、身体を辛くする原因の一つのようです。

この下顎だらりは、正しくしないと首から頭を前に持っていって、今度は首への負担になりかねないので、いい方法を考えました!

モンキー立ちです。


b0093660_1172341.jpg





股関節を少し折り、背骨から首、頭の先までが一直線、
腕はダラリと下へ。 腕がダラリとなることがポイントです。
腕がダラリと連動して、下顎もダラリと下がります。

噛み締め癖の方は、日常生活の中で、自分に不意打ちをかけて噛み締めていないかどうか見ていきます。
おすすめしているのは、身につけているものと連動させてみていくこと。
例えば、小指にマニキュアを塗って、それが目に入ったら噛み締めをチェックします。
現場を押さえたら、下顎ダラリです。

意外な時に噛み締めています。
よく電車の中で、同じ間隔で、顎関節からこめかみあたりまでピクピクさせている方を見かけ、
思わず、『今、噛み締めてますよ』と言いたくなります。

今日のセルフ・トリートメントでは、
チェックの後、正しい開け方、モンキー立ちを行い、
通常のストレッチの中でも、頻繁に噛み締めていないかチェックしていきました。
最終チェックでは、痛みが減り、左右の開きの差も少なくなりました。

通常の治療では、頭蓋骨のねじれを正す、鍼やお灸で血行を促すなどを症状によってプラスしていきます。

話す機会が多い方、声のお仕事の方などは、特に負担がかかりやすいので、『不意打ち噛み締めチェック』と『下顎ダラリ』で、是非顎関節を解放してください。
by satomi117h | 2015-04-24 01:18 | 身体からだ! | Comments(0)

肌断食一か月

肌断食をはじめて一ヶ月が経ちました。
概ねいいカンジ。

最初1,2週間ぐらいは、洗顔後のツッパリと小鼻と顎の角栓が気になりましたが、
それもほどなくなくなりました。
今まで洗顔後時間が経つと出ていたTゾーンのベタつき、夕方に出ていたTゾーンのテカリやお化粧崩れもなくなりました。

必要以上に皮脂を落とさないぬるま水洗顔で、皮脂腺の働きが正常になってきているということでしょう。
肌は大体さらっとしています。

気分的には、このままで気持ちいいのでメイクもしたくないのですが、
いざ鏡を見ると、やはりそういうわけにはいかない顔がそこに…

肌断食を期に、メイクアップ用品もミネラル系に変えました。
ファンデとチーク、アイシャドウ、ルージュは、MiMCを使い始めましたが、
ファンデが、容器にぼんぼりタイプのパフがついているもので、使いづらく
気になっていたレイチェルワインのお試しセットを使い始めました。

ミネラル系のメイクアップ用品は、
使い勝手の点でまだまだ開発の余地がありそうですが、
肌にはすごく優しいと思います。

どうせ使うなら、スキンケアも思いっきり自然にして(肌断食です)
シンプルに使ったほうが、本来の開発コンセプトに沿うのではと思います。

先日、ぽっかり空いたお休みに、そうだ!と思いたち、
かねてから行ってみたかった箱根の日帰り温泉に行ってきたのですが、
タオルと着替えだけで、なんと身軽なこと!
洗顔フォームも化粧水も乳液も必要ありません。
帽子を目深にかぶって、その日はメイクもなし。
心底リラックスできました(#^.^#)
by satomi117h | 2014-11-21 18:10 | 身体からだ! | Comments(0)

肌断食?

クレンジング…いたしません

ダブル洗顔…いたしません

化粧水…いたしません

乳液…いたしません

クリーム…いたしません

これらのスキンケアは、ヒトが本来持っている保湿機能を根こそぎ奪い去り、
スキンケアすればするほど肌は老化します。

という世にも恐ろしい事実を暴いた本を読みました。

日本の女性が目覚めたら、きっと経済は混乱します。

b0093660_180333.jpg


b0093660_1804263.jpg


上は、下のドクターが創設した北里研究所病院美容医学センターというところで治療を受けた患者さんの
手記。

クレンジングからクリームなどの従来のスキンケアを断ち(この本では肌断食と言っている)
肌の肌理が整い、本来持っている肌の潤い、保湿成分が働き出すまでを詳細に記録したもの。

下は、形成外科のドクターが、肌トラブルの患者さんの治療にあたっていく中で、
従来のスキンケアがどうして老化を招くのかを医学的に説明したもの。

ヒトの角質層は、それ自体でとても優れた保湿力とバリア機能があり、人工的には未だ作ることができないもの。
代用品を作れない以上、素晴らしい構造を傷つけず守り通すことをスキンケアの目標にするべきというのが、
考え方の基本です。

なので、界面活性剤入りのものでわざわざ持っている保湿成分を取り去り、
そこに合成ポリマー入りのもので蓋をすると、
本来持っている油分の分泌機能や、肌の細胞の生まれ変わりのサイクルが混乱する。
それが肌トラブルの原因。

本来持ってる肌の機能を取り戻すには、
クレンジングも化粧水もクリームをやめて、ぬるま水で洗顔するだけ。

化粧品による肌トラブルの他、
やけどのケア、ニキビ、吹き出物、体臭や、わきがにいたるまで、どんな考え方でどんな治療をするのか、
ドクターならではの説得力があります。


実は、私も様々なスキンケアは、必要がないんじゃないかとうすうす感じていて、
20年ほど前に一度トライしたことがあります。
しかし、何ていうか、女子力がどんどん低下するような感じや、
あるときに、ある人に、
『ナチュラルというのとかまわないというのは違いますから!』と言われ、
あぁ…私はかまわない方向に進みつつあるなと危機感を抱いたわけです。

でも、食もそうだけれど、ある程度生きて、経験して、価値観も出来上がってきて、
自分にとってやはりこれがいいというものがわかるようになってきた気がします。

またベジに戻ったのも、スキンケア止めましたっていうのもその一つ、っていうか二つ。

といっても、たまにお肉もお魚もいただくし、ここぞという時は、バリッとお化粧しますから(笑)
肌断食は、メイクアップまで止めるということではありません。

水洗顔、メイクしたときは純石鹸洗顔にして2週間ぐらいです。
始めツッパリ感のあった洗顔後も、それほど感じなくなりました。

仕事は、さすがにすっぴんで出るわけにはいかないので、
最近、ミネラルファンデに変えました。

今まで粉ファンデのみだったので、乳液なしの肌には乾燥が辛かったのですが、
ミネラルファンでは、それほど乾燥感じなくていいカンジ。

何より気持ちいいのは、持ち物がすっきりしたこと。
お風呂もジムも身軽。
気持ちまで解放されたカンジ。

いろんなものプラスしなくても、実は全てこの身体に備わっている。
だからちゃんと使おうよ。
そういうことを年とればとるほど実感します。

これって深いことだと思う。
by satomi117h | 2014-11-07 19:14 | 身体からだ! | Comments(0)
以前、ここでちらっとご紹介した開発中のエクササイズウエア。
できました!

通常は、こんなふうに着用します。

b0093660_14582316.jpg


そして、筋肉の使い方、肋骨の動き、腸骨、仙骨の傾き…などをしっかり確かめたいときは…

b0093660_1503914.jpg


という使い方ができるウエアがほしかったんです。

エイ!とお腹を出してしまえば、自然に引き締まります。
でも、いつも出しっぱなしでは、冷えて身体には逆効果。
そこで、『隠す』『出す』が簡単にできるように考えました。

トップ、パンツ、ショーツの3点セット。
ロングパンツはローライズで、ショーツを折り返してパンツの上に出します。

ショーツは、折り返しの部分が厚手になっていて、通常のショーツ+腹巻としても使えます。
我ながらいいアイディア016.gif

いろいろ改良点はあって、まだまだ試作段階です。
ものづくりは、面白いけれどやればやるほど課題が見えてきますね015.gif

今度は、このウエアで、腹式呼吸の動画に挑戦します013.gif
by satomi117h | 2014-10-22 15:18 | 身体からだ! | Comments(0)

ナチュラルハイジーン

『フィット・フォー・ライフ』という書籍の中で提唱しているナチュラルハイジーンという健康理論を少し試しています。

食についてざっくり言うと、果物や野菜という水分を多く含んだフレッシュな食物を7割、
それ以外の凝縮食品(パン、米、肉、魚、乳製品など)3割の割合の食事。

午前中は排泄の時間とし、朝食は果物、フレッシュジュース。
炭水化物と動物性タンパク質は一緒に取らない。(消化器官に長時間滞留させておかないため)

乳製品は控える。

基本的な考え方は、消化にはものすごいエネルギーが使われるので、効率的に消化される食物の組み合わせの食べ方で、最短で消化させ、老廃物を溜めない。

ということらしい。

食べたあとに眠くなるのは、消化にガーッとエネルギーが回っているからなので、
炭水化物とタンパク質は別々に取ると、それぞれの消化酵素が効率的に働いて、消化器官への負担が少なくて済む。という考え方らしい。

まだ読みすすめながらですが、今までしたきたこととそう違和感ないので、楽勝です。

確かに、ここ数年、ご飯ガッツリ食べるとすごく疲れるので、自然とご飯はすっごく少なめ。
夕飯遅い時には、ご飯なしでお惣菜だけとかにしていました。

ただ、アメリカ発なので、野菜と果物以外を凝縮食品とざっくりくくられても、
日本には、豆腐や納豆、乾物などの優れた食材があるので、そこらへんは大切にしたいなと。

あと、え?寿司は?焼き魚定食は???と疑問がわくこともたくさんありますが、
要するに、厳しく考えなくても7:3を心がけるということらしい。

とにかく凝縮食品は、長く胃や腸に留まり、発酵したり腐敗し病気や肥満、むくみの原因となるので
速やかに排泄すべしと。

私の場合は、もう少し太りたくて、無理して食べて体調壊すタイプなので、
普通に食べて必要な栄養素しっかり吸収できる身体になりたいのです。

ゆるりと試してみます。

ノンフィクション#10アップしました。
by satomi117h | 2014-09-16 15:17 | 身体からだ! | Comments(0)

2年ぶりの血液検査です

お世話になっている漢方のドクターのところで、ほぼ2年ぶりに血液検査を受けました。
肝や腎機能をはじめ、中性脂肪、コレステロール値、貧血など、変化を知るためです。

結果は良好、何も引っかかるものはなかったのですが、数値は若干変化していました。

前回の検査は、それまでほぼベジの生活から、動物性のタンパク質も取るようになって半年後ぐらいの数値。
今回は、それから更に2年近く経っています。

顕著な違いは、
中性脂肪が、80から122に(標準30~149mg/dl)
総コレステロールが、222から241(標準120~219mg/dl)
LDLコレステロールが、121から137(標準65~139ml/dl)

総コレステロールが高めですが、HDLコレステロール(善玉コレステロール)が高くての数値なので、全く問題ないですと。

記憶をたどれば、2年前の血液検査の前は、さらに2年ほど以前の検査で、数値は手元にないのですが、
その時に担当医に
『ベジタリアンの割には貧血もなく、コレステロールの数値もあるね。しかも、善玉がものすごく高いですよ』
と言われたことを憶えています。
そのときは、検査項目の中で善玉コレステロールだけが標準値をかなり上回っていた記憶が。

今回は、肝、腎と貧血系の検査は、ほんのコンマいくつかの変化だけなので、
こうして見ると、総コレステロール、中性脂肪系は、やはり動物性の食事によってかなり変化することが明白です。


最近は、コレステロール値は、むしろもっと高くていいと言われています。
極端な例としては、長生きしたかったら肉をたべろ!という説まで。

全ての人に当てはまるとは思いませんが、
LDLコレステロール値、中性脂肪脂肪値に関しては、最近はかなり詳細な数値で、
心臓病、脳梗塞など、今までの基準よりかなり高めの方がむしろ良好な臨床結果を示しているものがあるので、
標準値より高めでいいんだろうなと考えています。

そして薬に関しても懐疑的です。
なるべくお世話にならないように過ごしたいものです。

まぁ数値だけが全てではないので、これからも自分の健康管理は自分が主体でいこうと思います。
by satomi117h | 2014-04-17 16:09 | 身体からだ! | Comments(0)

体感で知る季節

昨日から野菜ジュース復活。
冬の間は冷えを感じて飲む気がしなかった自家製野菜ジュース。
これが始まると、あ、春が来た!と実感。

そして、40度設定のお風呂がすこし熱く感じ始めました。

日差しも強く感じる日があるので、晴雨兼用傘を出しましたよ。

今日あたりは、家の中よりも外の方が暖かいので、ジャケットは薄手、
でも靴下はすこし厚手のハイソックスにしました。

若い頃は見た目優先。
エイ!と我慢して薄着していましたが、さすがに身体のイヤイヤの声をきかざるを得ないお年頃になりました。

自分の体感で季節と向き合うことができれば
足元を温めるだけで、外出後に鼻うがいをするだけで、
毎年陥りがちな不快な症状から脱却できます。

それでも…
今年は絶対に出ないようにするぞ!
と意気込んでケアした桜の季節の後鼻腔の痛みは、う、ぅ、ぅ…
1週間ぐらい出てしまいました(-"-)
また来年勝負です!

そして…
健康おたくとして密かに気をつけているのが、アンチエイジングならぬアンチ見た目おばさん(-"-)

昔、あるワークショップで講師に言われたことがあります。
『あなたね、ナチュラルとかまわないは、まったく違いますからね!』
その言葉が人生後半私の座右の銘(笑)



by satomi117h | 2014-04-10 12:09 | 身体からだ! | Comments(0)

骨盤底筋のエクササイズ

これからの季節、お手洗いが近い、夜中にお手洗いで起きて熟睡できないという方が増えてきます。
いわゆる頻尿というものですね。

膀胱炎はじめ、なにか原因があるものは、まずそのケアが大切ですが、
加齢によるものなら、骨盤底筋のエクササイズと適度の緊張感を持つことが大切。

骨盤底筋の簡単なエクササイズは、尿意を我慢すること!
つまりは、適度な緊張感を持つことが第一選択です。
何となくトイレ行っておこうかな…と行っていたのを、あえて我慢します。
その時に、骨盤底筋を意識して、グッと締めることがこれまた有効です。

骨盤底筋とは、恥骨と尾骨を結ぶ体幹の一番下の筋肉。
つまりは、おしっこ我慢やウンチ我慢の状態をあえて作ってみることです。

この当たり前エクササイズに気づいたのは…
実家で、二階の部屋に寝なくてはいけないことがあって、
二階にトイレないし、夜中にトイレに起きないように、気合入れて寝たら起きなかったことに由来します。

なんだ、トイレ起きなくて大丈夫じゃん!
と気づいた時から、夜中のトイレがなくなりました。

あ、一回だけ、地震で目が覚めて眠れなくなった時にトイレに起きました。
熟睡できないとトイレに行きたくなるんだなぁとシミジミ。

これだけではボディワーカーとしてあまりにお気楽なので、一応エクササイズを

b0093660_18213195.jpg


ボールを膝にしっかり挟んで、腰を上に突き上げていきます。

b0093660_18255562.jpg


ゆっくり床スレスレまで腰を下ろしてきます。
足をぐっとお尻のほうに近づけた立ち膝にすると。、より効果的なようです。

腰上げは、いろんな健康法や近くのジムのエクササイズでも紹介されていましたが、
膝にボールを挟むと、内転筋のエクササイズも同時に行えます(#^.^#)
内転筋と骨盤底筋は関連して衰えてくるので、このエクササイズは、とてもいいと思います。

それから、腹式呼吸もボールをはさんで行うと、呼気での感覚がつかみやすいと思います。

ちなみにボールと空気入れは百均で買いました。


頻尿には、定義があって、昼間8回以上、夜間2回以上だそう。


くれぐれも何かしらの疾患がある方は別です。
そこそこ健康なのに、トイレが近い、または無駄にトイレに行く癖がついているという方は、
まずは、我慢エクササイズ、そしてボールエクササイズをおすすめします。
by satomi117h | 2013-11-20 18:54 | 身体からだ! | Comments(0)