声のお仕事、身体のお仕事と心地よいライフスタイルを追求します(*^o^*)


by satomi117h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:介護生活( 63 )

健康ごはん

b0093660_22440615.jpeg

東京戻るので、生もの残さないように工夫します。

イカご飯は、空港で買ってきました。
簡単に食べられるものがあると、外仕事終わってすぐごはんデス。
空港肉まんも便利。
次回用に、一個冷凍しました。

お漬物は、東京から持ってきた味噌漬けと、
お姉さん自家製の千枚漬け。

地元の空港で買ったうずら豆を黒糖で煮ました。
残ったのは冷凍できるので便利。
地元の空港の売店(到着階)地元の農産物が、
安くて美味しいので、
行きも帰りも買います(^.^)

前回は、金時豆買って帰り、東京で煮ました。
ゲキうまでした(*^_^*)
で、味をしめて今回はうずら豆(・・;)

トマトスープは、
夏に冷凍しておいたトマトで作りました。
冷凍トマト、優れものです!
ザクザク切ってミキサーにかけて、コンソメ入れて温め、塩コショウで味付けしました。
今回は、ありもの野菜でスープと、残りのご飯(玄米)で、チーズリゾット風にしました。

次回は、まだ冷凍庫にあるトマトで、トマト鍋にします。
真冬のトマト鍋、イイカンジです。

今回はテキパキ働いて、割と早寝早起き。
明日は、お花の球根一種植えて、庭を見回って、外仕事終了です。
いよいよ冬だなぁを実感するひと時。
雪、あまり降りませんように…
次回も飛行機、ちゃんと飛びますように…



by satomi117h | 2016-11-06 22:42 | 介護生活 | Comments(0)

イチヂク

採れたてのイチヂクを初めて食べました!
私の記憶のなかでは、多分初めて食すもの。

卒倒しそうに美味しくて、何で今まで食べなかったんだろう!
庭にあったのに…

b0093660_10065000.jpeg

傷まないようにそっと東京に持ち帰り、
チーズとサラダに。
オリーブオイル、レモン果汁、塩、ブラックペッパーで簡単ドレッシング。

b0093660_10112024.jpeg

バナナと一緒にヨーグルトで和えました。
どちらも美味しかったけど、
採れたてを2つ切りにして皮むいて、パクリと食べのが最高でした(*^_^*)

柿の木の隣にイチヂクの木があったのは知ってたけど、全く興味なし。
家の片付けと草取りで、あ、あなた居たの?的な(・・;)
お友達がとってきて食べ方教えてくれました。

ミョウガといいイチヂクといい、結構宝の山です。
ここの良さがわかってきたら、気持ちにも余裕ができてきた証拠かもしれません。




by satomi117h | 2016-09-24 10:02 | 介護生活 | Comments(0)

温泉です

b0093660_2049398.jpg


今日は、両親の施設を回って、午後から庭の植木の冬囲いを外しました。
弟と2人だったのであっという間に終了。
次回用に写真を撮っておくことも忘れませんでした。
季節は春。冬が終わったばかりなのに、なんとなく次の冬が気がかりな私です(-。-;
福寿草が顔をのぞかせていました。

4時過ぎには温泉です。
今日は、少し遠くの温泉に行きました。
と言っても車で10分足らずですが。
一人で行くには遠い気がして、運転手さんがいる時に行くことにしています。

b0093660_20515882.jpg


b0093660_20523624.jpg


山あいにひっそり佇む温泉です。
看板もこんな感じで(・・;)ホントに田舎の温泉。
いつもの温泉より濃い泉質で、私の股関節の痛みにはよく効きます(o^。^o)

明日は、母を連れてドライブと父の面接の予定。
まだ草むしりがない分、余裕の実家生活です。
by satomi117h | 2016-03-12 21:07 | 介護生活 | Comments(0)

車検忘れてた!

2ヶ月ぶりに実家に帰ってみれば、車のバッテリーはあがってて、
えと、あれ?今、平成何年だっけ?
27年?28年?あ、車検切れてる?!
と、問題続出。
近所のガソリンスタンドの社長(同級生)が、よしなにはからってくれて、帰省中に何とかなりそう。
代車もだしてもらえてホッ(・・;)
ホントに助かりました。
今回は弟も来ているので、一応運転手付きで楽チンです。

母の状態があまりよろしくなく、新たな心配事も。
いつもなら、いつまで居る?とか、家に泊まりに行くとかうるさいのに、そういう言葉は一切なく、無気力。
この2ヶ月の間に、食事が進まなくなり、部屋にこもることが多くなったと聞いていました。
実際に会ってみたら、一気に歩行が困難になっていて、ビックリしました。
今までは、ショートでも老健でも母が一番元気だったのに、私も相当ショックです。
父も、あれよあれよという間に食べられなくなって胃ろう選択したので、急激な変化は気がかりです。
日差しは暖かくなってきたものの、気温は真冬並み。明日の朝は、マイナス7度らしいです。
暖かくなったら気力と体力も少し戻るかなと、祈るような気持ちです。

これから弟と庭の植木の冬囲い外します。



by satomi117h | 2016-03-12 14:15 | 介護生活 | Comments(0)

実家です

2ヶ月ぶりの実家です。

やはりお母様の介護のために帰省していた友人が、空港まで車で迎えに来てくれました。
久しぶりに会ったので、ウチでしばしお茶飲みながらおしゃべりしました。
ドコもいろいろ大変です。

今回は、来月から、介護保険の自己負担分など、両親共、施設にかかる費用がグッと上がるということで、
ドギマギしています。
施設の方も問い合わせが殺到していて大変だそう。
早く具体的な金額を知りたいのですが、
まだ役所から正式な通知はきていないということで、施設の方も対応に苦慮している様子。

なんとか両親の年金内でおさまるといいのですが、2人分となると厳しくなります。
明日、弟も来るので、姉弟会議です。

安保法案も新国立競技場問題も、そして介護問題も…
私は、最近、ちょっとこの国の政治に対して懐疑的です。
by satomi117h | 2015-07-18 00:03 | 介護生活 | Comments(0)

母一時帰宅

b0093660_1401787.jpg



庭の柿の木、まだ小ぶりな葉っぱ。
この秋もたくさん実をつけてね。


朝6時前に起きて庭の草取りしています。
もうきりがないので、目立つのものから順番に成敗。
普段手をかけていないので、土が固くなり、引き抜きにくくなっています(・・;)
地表には、苔、地表を這う草がびっしり。

ここらへんはもう諦めました。
ひたすらバサバサ目立つ雑草を取っています。
最も腹立たしいのが、タンポポ。
根が深くて、なかなか抜けないのです。
しょうがないので、途中で根をきりとっています。

少し見ないでいるうちに、あっという間にタンポポ畑になってしまいます(`Θ´)
癒し系、元気印、健気的な象徴は、都会のタンポポ限定と実感。
ここではマジ腹たちます。

去年は毎月帰っていたので、なんとかひどくならずに済んでいたのですが、
今年は、帰省の間隔が空くので、人に頼もうかと思案中。


今日は母を連れて帰ってきました。
今日一晩実家に泊まります。

母が帰ると知って、お隣さんが、ご近所の方を招いてお茶会をしてくれています。
さっき母を連れてお隣にお邪魔したら、皆さん拍手で迎えてくれました(●^o^●)
母は感激で涙目。

外泊すると、ちょっと混乱したりで、何かハプニングがあり、
いつもどうするのがいいのかなと悩むのですが、
まぁいいか、母が楽しいと感じることは、させた方がいいと。
そんな気持ちになりました。

私は、一晩気をつけて、母がしたいことをなるべくさせてあげる。
施設に戻ったら、混乱したなりに、また職員の方が対応してくれるから。
今は、とにかく楽しいと思うことさせてあげようと。


b0093660_14273664.jpg



にっくき雑草の世界でもふと目を止めてしまう美しさもあるんだなぁ…
by satomi117h | 2015-05-07 14:31 | 介護生活 | Comments(0)

冬支度

b0093660_13335214.jpg


昨日収穫した柿。
とりあえず、ダンボール2個分、渋抜きすべく焼酎に浸してビニール袋入れてピンとフタっこしました。
いつもお世話になっている両隣さんへのおすそ分けです。
まだたんまり。
治療室へも送ります。

午前中は、庭の植木の冬囲いしました。
お隣のご主人が手伝ってくださって、というか、ほぼご主人が手際よくやってくださり、
私はそばでウロウロ(・_・;

b0093660_13381330.jpg

b0093660_13395530.jpg


多分20個ぐらい。
比較的背の高いのもは、ぐるぐる巻きにしたり広がった枝を吊ったりでいいのですが、
背の低いものは、添木をして円錐型にしたり、さらに周りを縄でぐるぐる巻きにしたり。
やり慣れないと大変。
私は、来る前からずっと億劫で、気がかりで、
昨日はどんより曇り空で、帰るまでにできるだろうかとどんよりしていました。

が、
お隣のご主人は、ウチにある不揃いのきれっから(オンボロという意味)の木を
ささっと見繕って、あっという間にどんどん出来上がっていきます。
及ばずながら、私も、縄持ったり切ったり、カナヅチ渡したり(-。-;
なんと、午前中でほぼ終了です!
今回一番の心の重石が取れました(=^-^=)

柿も、植木も、家も、
両親が野放図にやり散らかしたものを片付けるのは、なんとも理不尽で
いつも怒りでいっぱいだったけれど、
こうして丁寧に向き合うと、いいところもたくさんあるなぁってしみじみ思う。
青空は気持ちいいし、労働の後は身体もポカポカで、ご飯が美味しい。

いつまで維持できるかわからないけれども、
できるところまでやっていこうと思う。
せっかくなので、私自身の息抜きの場としてしまおうと(=^-^=)
by satomi117h | 2014-11-11 14:22 | 介護生活 | Comments(2)

縁側ランチ

東京戻るのが一日遅れたら、大変なことになっていました。
台風、ひどかったですね。
うちのあたりは、昨日夜の帰りに少し雨に降られ、一晩雨と風でしたが、今朝は小ぶりに、
そして、午後には、風も止み、真夏並みの暑さでした。

今回も、フル回転で働いて帰ってきました。
毎回腹立たしいのは、クモの巣と雑草(╬゚◥益◤゚)
これって、人が住んでいないということの象徴。
私が月に一度頑張っても、次に帰った時には、あざ笑うかのように、侵食されています。

春には、まだ土が見えていた庭と畑ですが、特に畑は、ダーッと一面雑草に覆われてしまいました。
今回は、かろうじて庭の部分を何とかきれいにしました。

特に、縁側から見える部分は、体裁よくしておこうと、とりあえず、背の高い草、目立つ草から優先順位を決めて成敗です。
前回の十数袋にはかないませんが、今回は3袋ぐらいやっつけました。

母が帰ってきた日が、ものすごいいいお天気で、
窓を開け放って、縁側に小さなテーブルと椅子を出して、
ナチュラルハイジーン的ランチ。

母は、糖尿病のことを気にして、ドクターからもりんごは一個食べちゃいけないと言われているので、
最近は、好きな果物もあまり食べていないよう。

果物食べたら、その分ご飯を減らして、野菜も食べると大丈夫だからと話し、
梨とりんごをむき、フレッシュ野菜ジュースを作り、
そして生野菜のサラダと、チーズをのせたライ麦パンを半分っこ。
あったかいハーブティーと一緒にいただきました。

食いしん坊の母は、珍しい食は大好きです。

施設では、食は決められていて、嫌いな牛乳(パック)も飲まなくてはいけないので、処分に困っているよう。
牛乳は勘弁してくれるように、申し入れました。

ほんとは、朝食だけでも変えられたら、体重も血糖値ももっとコントロールできるんじゃないかと思うのだけれど、言えない現実。
自分の食に関しては、こうしたいという意思はキッカリありますが、
施設でも長いこと入所者の健康管理をしてきたという自負があるだろうし、
正直、母の食事に関しては、こっちのほうがいいと思うのでそうしてくれと言い出せません。
娘として、情けないなぁと思うことも。
せめて、牛乳をやめることの交渉と、あとは外泊の時に、手料理でもてなすことぐらいです。

実家にもテスコムのジューサーがあり、よく使っていたのですが、
今回、落っことして壊してしまいました<(ToT)>
で、新しいものをアマゾンで購入!
快適な野菜ジュース生活でした。

母の事でいろいろ心配な出来事があったけれど、縁側ランチのひと時で吹っ飛びました。
『んにゃまんつはいからだごど、庭はきれいだし、ざしぎも縁側もあずましくていいなぁ』の母の言葉。
掃除草取り、頑張った甲斐がありました。
by satomi117h | 2014-10-06 18:40 | 介護生活 | Comments(0)

実家です

実家です。
2週間ほど前に、父が地元の施設に移ることができました。
先週は弟が、今週は私が面会に行きました。
すこぶる元気で一安心。

食事も3食経口でむせることもなく摂れているし、入所の時のメディカルチェックでも、血圧、血糖値共に正常値だそう。
胃瘻の手術から間もなく9ヶ月。
正直言って、こんなに元気になるとは思ってもいませんでした。

父の生命力はすごいと思うと同時に、
術後の回復期をしっかりケアしてくれたショートステイのスタッフにはホントに感謝です。

地元の施設は、家からも近いので、冬の運転もずっと楽になりました(*^_^*)
そして、地元の職員の方が多いので知っている方もいらっしゃいます。
父のユニット、ぼたんゾーンのスタッフさんに、小学校の先輩がいらっしゃいました!
一年先輩です。
入所の時の窓口になってくださった相談員さんは、私の中学時代からの大親友の従兄のお嫁さん(笑)
共通の知り合いの名前がどんどん出てくるので、あぁ、地元なんだぁとしみじみ。

ケアマネさんも、父のことは、ひとまず安心していいのではと。
しかしホッとする間もなく、母の状態があまり良くありません。
体重と血糖値の状態も安定せず、たびたびお薬が変わっています。
認知症の方も、毎回毎回、えっ!という事件が持ち上がり、
自立型の施設では、母はもうやっていけないのかなぁと思うことも。

ヘルパーさんの時間を長くしてもらい、おしゃべりしながら、ゆったりと身の回りのことを一緒にする時間を作ってもらいました。
母の気持ちの中に、自分が入所したいと思ったわけじゃないのに、入れさせられたというような気持ちがあり、どうも気持ちの底辺にいつも『おもしろくない』という感情があるようです。
結構おしゃべりが、その気持ちの解放になっているようです。

施設の方は、どんどん下降線というわけではないので、もう少し様子をみてみましょうと。
どうも、弟や私が来た後とか外泊したりした後に、おかしな行動が出るみたいです。
何か理由があるのでしょう。
叔父たちは、外泊はさせないほうがいいと言いますが、
それは辛すぎます。

元気なうちは、なるべく外出したり家族と過ごす時間を持って、
施設に戻ってからのことは、少しダウンするという心づもりで気をつけてみていきますからと、担当の職員さんが言ってくださいました。

今や両親ともそれぞれの施設で、今や介護帰省も様変わりしました。
食事、お風呂、着替え、受診に付き添って、遅くまで父のショートの準備したり、デイサービスに送り出したり、お迎えしたり…
それでも3人で夕飯のテーブル囲んだ日々は、それなりに幸せだったなぁと。
でも、今のことも、懐かしく思う日が来るんだろうな。
つまりは、今を大切に生きるということですよ。とつぶやいてみる(-"-)
by satomi117h | 2014-10-04 00:21 | 介護生活 | Comments(0)

実家、寒い

今19,.7度。
明日も24度ぐらいらしい。
今日は、山道の走った時は車の暖房入れました。

晴天の昨日は、車で1時間ぐらいの温泉へ。
いとこの運転で、母と叔母も一緒。
楽チンドライブは最高でした(^-^)/

連日5時半起きで、お盆の準備や、母の庭パトロールの付き添いで寝不足気味。
今日は朝から雨だったし、母の話し相手は叔母がつとめてくれるので、今朝は寝坊できると思ったのに、
何と、雨の中、母は、ノコギリ持ったり鎌持ったりして庭仕事を始めました。

お願いだからやめてくれと言っても聞きません。
風邪ひいたら大変なのはもちろん、グッタリ疲れて手もプルプルするし、
覇気のない声で少しろれつも怪しくなるし、足が痛いの訴え倍増。
夕べは、倒れるようにベッドに入ったら、夜中に目覚めて、どこにいるかわからなくなって、
ひと騒動ありました。
したいことはさせてあげたい。でもやりすぎは禁物なのです。

母には、ここの草取りをしてもらおうと、密かに段取りしておいたことには目もくれず、
ノコギリに鎌ですよ。
ことごとく、してほしくないところから順番にやってくれます。
こんな生活も3年続いたら、最近は、このセオリーってなんだろうと、むしろ感慨深いものが。

子育てと一緒かもしれない。
お年寄りは、出来ていた記憶があるだけに、頑固になるんだなぁ。
頑固の構図はこれかぁと。

だから痛い目に合わないとわからないんだなぁ。
そして、なるべく痛い目には合わせたくないから、お願いだからやめてくれと。
あぁ、子育てときっと一緒だ。

こんな時に、心配性だったりきっちりした性格の人は、こっちが参ってしまうんだと思う。
今朝、早々に諦めた叔母は、『いいから、やらせておけ』だもの。

私はものすごく真面目なのかもしれないと、両親の介護生活で、やはりものすごいかもしれない発見。

そして、自分が老いたときに、この気づきは活かされるのだろうか…
by satomi117h | 2014-08-15 22:26 | 介護生活 | Comments(0)