声のお仕事、身体のお仕事と心地よいライフスタイルを追求します(*^o^*)


by satomi117h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

秋の夜長に…

気功のイベントの司会をさせていただくことになって
打ち合わせに行ってきました。

出演者の動きを見ているうちに、私自身の姿勢が整っていくのを感じます。
気づくと、呼吸もゆっくり大きくなっています。
イスに座ってみているだけなのに、自分の身体の芯のほうから、今動きたい方向が見えてきます。

ふと、ある提案がわいてきました。

『そうだ…帰ったら久々身体の動きを感じてみよう…』

気功は習ったことはないけど、
心と身体をつなぐワークは、ずっと身近にありました。

特に、センサリーアウェアネスやアレクサンダーテクニック、
トレガーアプローチのメンタスティックスでは、
微細な『動き』から、心が観えることがありました。

スタジオレイの呼吸法では、
滞った部分に息が届くと、メキメキと音をたてて
組織が新しく構築されていくような感覚がありました。

最近は少し、鍼やお灸という道具を使うことに意識が集中し
つまり…外側からの力で変えることに集中していて
内側がどうしたがっているのか、観ることを
忘れていたような気がしました。

………

好きな姿勢で立ち、ただただ楽な立ち方を観ていきます。
非対称な身体のうねりが出てきます。
ひたすら動きたいと感じる方向へ、ゆっくり動いていきます。

左の上半身のエネルギーが硬い感じです。
左腕がある角度を避けるように外転していきます。

そうです。
この痛みは、ここ数ヶ月、私の中で、あまり向き合いたくなかった痛みです。

肩を痛めるなんて、この柔軟な身体を誇る私には(笑)あるまじきこと!!!
それも、この歳でこんなに治りが悪かったら
五十肩ではないか!!
そんなのあり得ない!!というか、認めたくない…。

がーっと鍼打ってもらって、
自分でも操体法やらカウンターストレインやら試して
確かに随分よくなったけど、それでもわずかに奥の方に居座り続ける鈍い痛み。

もしかしたらこの痛みは、
外側から取り除かれるのがイヤだったのかも。
こうして、静かに内側を感じる時間を待っていたのかも…。

そんな確信めいた思いが湧きおこってきました。

何故?何故でしょう。


…………


遠くで電車の走る音がして、
ベランダの外の虫の音が聞こえます。
部屋の中には、昨日のお灸の香りがかすかに漂っています。

答えは出ないけど、なんとなく、いい時間を持ったような気がしました。

お風呂上りに鏡を見たら、結構晴れやかな顔の私がいました(笑)

やはり私は、静かに内側を感じる時間が好き。

きっかけを与えるのは、鍼や灸という道具でも、
最後のOKは自分自身が出す。
そういう時間を大切にしたいと思ったのでした。
by satomi117h | 2006-09-25 01:15 | 今日のとぱーずむ~ん | Comments(0)