声のお仕事、身体のお仕事と心地よいライフスタイルを追求します(*^o^*)


by satomi117h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ストレスと不整脈

地震報道を見ていて、不整脈が出ていることに気づきました。

私が自分の不整脈に気づいたのは、2年前、両親の介護に携わる中で、父の生死に関わる重要な判断を迫られた時。
突然、今まで体験したとこがないぐらいの頻脈に見舞われ、苦しいというよりも何が起こったんだろうと不安が先にきました。
脈をみてみると、激しく飛んでいます。
それがまた不安を駆り立て、一時パニックに陥りました。

その後、同じような激しい頻脈での不整脈が何回かあり、
その後は、それほどの頻脈ではないけれど、胸苦しさや喉元まで心臓の振動が突き上げてくる感覚があると、
そういう時は、脈をとってみるとかなりの頻度で脈が飛んでいることがわかりました。
クリニックで心電図をとってもらい、それほど心配のいらない不整脈だと言われ、漢方薬で改善したことは以前にも書いたとおりです。

それからは、まったく大丈夫でほとんど忘れているぐらいなのですが、
時々出る時は、あぁそういえばこういう感覚、以前にもあった…と思い出すことが度々。
なんとなく胸苦しい、鼓動が喉元まで突き上げてくるような感覚…

東日本大震災の時もそうだったし、
2年前に認識する以前の介護の中でも、
それ以前に、仕事で難局にぶち当たった時や親しい人の死の訃報を聞いた時も。
つまりは、その時は知る術がなかっただけで、以前から不整脈はあったんだなぁと気づきました。

人間長く生きれば、それだけいろんな負の体験の記憶が蓄積されます。
感情が体感覚とリンクして甦れば、私の場合、不整脈も起こるのでしょう。
とすると、そこらじゅうにその地雷的なものはあるはずです。

生きていくということはなんて大変なことなんだ…と嘆いても今更始まらないので、
気がついて良かった!今、かなりストレスフルなんだなぁ…と思うことにしました。
そうすれば、多少は自分をいたわってあげられます。
気づかずに無理を押すより、ずっと負担が少ないはず。

負の記憶と同時に、いいことも蓄積されているはずなんですがね。
こっちの影響は、目に見えて現れないような…
と思うのは、性格なんでしょうか(笑)

今、元気で生活出来ているということ自体、いろんなことの積み重ねなんだ。
過去の出来事に感謝だよ…と、
まったくキャラではないのですが、今日はそういう結びにしておきました(-"-)
by satomi117h | 2016-04-18 19:08 | 今日のとぱーずむ~ん | Comments(0)