声のお仕事、身体のお仕事と心地よいライフスタイルを追求します(*^o^*)


by satomi117h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

冬を迎える気持ち

b0093660_14433858.jpg


地元の空港にあった秋田観光のポスター。
微笑ましくてつい見入ってしまいました。

私もこんなふうに冬を楽しんだ時代がありました。

ちょうどお誕生日あたりが、いつも初雪の時期で、急に底冷えする日だなぁと思っていると
窓の外にチラチラ白く舞うものが。
がっこの窓から雪が見えると、外に出てはしゃぎたくなりました。
ワンコと一緒です(笑)

雪だるまも、かまくらも、スキーも、楽しみだったなぁ。

それこそワンコ(ウチの飼い犬の名前はトム)と一緒に、ふわふわの雪に寝転び、潜り込み、掘り起こし遊び…
雪まみれになって家に帰ると、
玄関先で、おじいちゃんが、
『そごさ立ってれ』と言って、専用のホウキで雪を払ってくれました。

私は、バンザイしてぐるっと一回り。
前も後ろも、帽子の上の雪も払ってから、家に入ります。

あの儀式、幼い頃の冬の象徴だなぁ。


今は、冬がちょっと憂鬱です。
なるべく降らないでくださいと、神様にお願いです(+o+)

それでも、実家の雪かきと水道の凍り止め件は、無事かたがつきました。

雪かきは、近所の業者さんが来てくれることに。
水道は、工事に入ってもらってヒーターを巻いてもらうことに。

マイナス2度だか3度になると、自動的にヒーターが作動するそうです。
これで、凍り止め4箇所からは逃れることになりました。

残り一箇所は、なんとか母に管理してもらいます。

工事は水道屋さんに頼んだのですが、床をはぐので、大工さんにも来てもらうと聞いていました。
どちらの大工さんかなと思っていたら、
当日、この家を建ててくれた馴染みの大工さんがきてくれてびっくり。
嬉しい偶然です。

こういう安心感が、田舎にはあります。

急きょお願いして、玄関に、センサー付きの照明も付けてもらいました。

庭の植木の冬囲いも、一日がかりで片づけました。
これで今年の冬を迎える準備もなんとか整いました。

あとは、火の元に気をつけて、怪我のないように、なんとか母に頑張ってもらわなければ…
by satomi117h | 2013-11-28 17:19 | 今日のとぱーずむ~ん | Comments(0)