声のお仕事、身体のお仕事と心地よいライフスタイルを追求します(*^o^*)


by satomi117h
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

三浦雄一郎さんとスノードルフィン

三浦雄一郎さん、80歳でエベレスト登頂の快挙。
今日はワクワクしながらニュースを見ていました。
ホントに素晴らしいことです。

三浦雄一郎さんと言えば、私はやはりスキーの思い出が重なります。
年間40日ぐらいスキーに行っていたころ、
北海道で三浦雄一郎さんが主催するSIA系のスキースクール、スノードルフィンゆかりの先生によくお世話になっていました。

元プロレーサー、モーグルのコーチ、SIAのトップデモ、冒険スキーの猛者、パラリンピックのアルペン選手…
インストラクターの先生は、いろんなスキー出身の個性派ぞろいで、宴会の時は、ひぇ~~!!というエピソード続出で、
これぞ正しい体育会系!!と興奮して聞いていました。
そんな中で、三浦雄一郎さんのニュースを耳にするたびに思い出すことがあります。

やんちゃざかりの若いイントラの一人が、
ある時、友人のスペシャルジャンプの選手から古い板をもらったそう。
おぉ、これがスペシャルジャンプの板か、どれ、いっちょう飛んでみるかと、
始めはゲレンデに山を作って、仲間と飛んでみたそう。

ところが、だんだん本物のジャンプ台で飛んでみたくなって、
札幌の新井山のジャンプ台で飛んでみたそう。
なんせ彼らは、モーグルでアクロバットの技を決めたり、雪崩に追いかけながら滑ったりしている怖いもの知らずですから、
そこらへんで納まる人たちではありません。

今度は、宮の森で飛ぼう!ということになり決行することに。
ただ、管理の人に見つかったら叱られるので、日の出と同時にこっそり飛んでガーッと帰ってこようという計画を立て、決行したそう。
女子も一名いたそうです。恐るべしスノードルフィンの冒険魂。
私は宴会の席で、ドキドキしながら聞いていました。

で、『管理のおじさんに見つからなくてよかったね。見つかったら三浦先生も大目玉じゃん?』と言ったら…

『いや、大丈夫っす。きっと、おまえらよくやったって言います』と。
ひぇ~、この弟子たちに、そういうボスかと感心しました。

そして数か月後、オフシーズンの東京の飲み会で、
五十嵐和哉さんというやはりスノードルフィンの重鎮で、
元モーグルスキー選手で元全日本のコーチ(リレハンメルオリンピックでは里谷多英選手のコーチでした)と同席することがあり、その話をしました。
ひとしきり盛り上がって、

で、『三浦先生にばれたら、なんて言われると思いますか?』と聞いたら
答えが、『おまえらよくやったですよ』と。

ひぇ~二重にびっくり。おんなじ答え。
三浦雄一郎さんって、どれだけわかりやすい人なんだろうと思いました(笑)

というか、弟子たちからもほんとに愛されているんだなぁと。


今回、五十嵐和哉さんもサポートメンバーで登っています。
ニュースでも十分感動ですが、宴会の席で、スノードルフィン言葉で聞けたらもっと興奮だろうなぁと思いました。
スキー、続けていればよかったなぁ。
また行きたいなぁ…

いやいや、三浦雄一郎さん、エベレスト登頂おめでとうございます。
明るいニュースをありがとうございました。
エピソード、楽しみにしています。

お気をつけてお帰りくださいね。
by satomi117h | 2013-05-24 01:02 | 今日のとぱーずむ~ん | Comments(0)