声のお仕事、身体のお仕事と心地よいライフスタイルを追求します(*^o^*)


by satomi117h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

クラニオ・セイクラルワーク

今日は、クラニオ・セイクラルワーク(頭蓋仙骨療法)の患者さんが数名いらっしゃいました。
クラニオは、脳脊髄液の還流にチューニングするオステオパシーの代表的な治療法です。

http://www.kurumi-room.com/about/02.html

脳脊髄液の流れるリズムは、心拍や呼吸とは違う、潮の満ち引きのような神秘的なリズムです。
治療室くるみでは、患者さんの状態に応じて、『身体の中の潮の満ち引き』にチューニングするクラニオを効率的に取り入れています。

例えば、脳と脊髄を包む硬膜という膜のねじれによる腰痛、頭痛。
硬膜が原因と思われるものは、外力で調整するよりも内側からその動きにチューニングしつつ、その方にとってのニュートラルな場所に導いてあげるのが、最も効果的です。(これまでの臨床でそう感じていています)

また、ねじれ、ゆがみという構造的な問題以外に、メンタル的なところにも働きかけていきます。
脳脊髄液は、神経を滋養していますからメンタルへの影響大なのです。
神経伝達物質の生成を促して神経の通りをよくすることを助けているのでしょうか。
『心』は、神経と密接なつながりがありますから、クラニオがメンタルにいいというのもうなずけますし、実際、クラニオを受けたあとは、何となく満ち足りた気持ちになり幸福物質が溢れている感じがあります。

私が学んでいる鍼灸の学術団体では、『本治法』といって、
症状が出ている部位に対処療法的に働きかけるのではなく、その症状を作り出している大元に働きかける大切さを説いています。
治療室くるみでは、クラニオも、心身共に健康の大元に働きかける療法として大切にしています。

もっと詳しく知りたい方は…
http://www.kurumi-room.com/about/kuranio.pdf
by satomi117h | 2012-01-09 13:58 | 治療のこと | Comments(0)