声のお仕事、身体のお仕事と心地よいライフスタイルを追求します(*^o^*)


by satomi117h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

山路徹さんの『20キロ圏内犬猫救出』プロジェクト…

山路徹さんのツイッターとAPFのHPで、『20キロ圏内犬猫救出』プロジェクトに感激。


山路さんは南相馬に入り、避難命令が出ている地区の様子を取材しているのですが、

ゴーストタウンと化した街で、

わずかに自宅に残る方たちの声や街の様子を映像に収めているうちに

置き去りにされた犬や猫たちに遭遇。


ツイッターでつぶやくと、避難している人たちから捜索のお願いが次々に入ります。

始めは自分たちだけで、頼まれたワンちゃん、猫ちゃんを探して保護していたのですが、

捜索のお願いがどんどん入り…

ツイッターの広がりで、そのうちボランティアのグループも加わり、活動の輪が広がります。


捜索する人、飼い主のところへ届ける人、里親を探す人、一時預かり場所を探す人…

ペットとの感動の再開、残念ながら失われていく命…



目の前の命を何とか救いたいというごく当たり前の気持ちから

それが多くの人の連携で形になっていく様子、

活動の問題点など様々なことが、短い時間の間に凝縮されています。

ボランティアの原点って、きっとこんななんだろうなって。


山路さんは、ペットの取材のために入ったのではないと思いますが、

目の当たりにしているうちに、きっと放っておけなくなったのでしょう。


そういう人って、人として、当たり前に尊敬できる人です。

きっといい人なんだろうな。



それにしても、今回の大震災、原発問題で

ツイッター始め、ブログ、Facebook、YouTubeやニコニコ動画、USTREAMなどで

沢山の発言や映像を目にしました。


にわかには信じられないけれど、多分これが真実なんだろうなとか、

心の底から共感できることも、また、何とも言えずイヤな気持ちになることもありました。


それでも、ネット社会の発達は、

一方的に与えられる情報から、自分で信じるに足る情報を見つけだす時代になったんだなぁと思い

ました。

どうせなら、この発達をいい方向に活かしていきたいものです。


それもまた自分次第。

私にとってこの混乱の一カ月は、メディアリテラシーということを初めて身近に感じた時間でもあ

りました。


みんなが幸せになるニュース、カモン!です!
by satomi117h | 2011-04-11 22:51 | 今日のとぱーずむ~ん | Comments(0)