声のお仕事、身体のお仕事と心地よいライフスタイルを追求します(*^o^*)


by satomi117h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

満開です...

やっと暖かくなって、桜も満開です。


b0093660_351329.jpg


花園神社の桜です。

みんな上を見上げる顔が平和に満ちていて012.gif


b0093660_159359.jpg



近所のお店で、HPのイラストお願いしたイシオカとちょっとした打ち上げ。

『ホタルイカと菜の花とタケノコのグラタン』023.gif


b0093660_234751.jpg



帰りにまた花園神社行ってみました。

これから風雨になるそう。

せっかく咲いた桜が...心配でしようがありません002.gif



昨日今日と、仕事行き帰りに、たまたまオフコースと小田さん聴いていました。

なんと、深夜に、年末の『クリスマスの贈り物』の再放送が!!!

またまた感動の涙が。

小田さんの音楽は、
ナレーションでいうと極上のストレートトークだと思います。

ここ数年、小田さんは、いろんな人の歌を歌っています。

これがおれ流だ!的なところがなく
静かに他のアーティストの作品に入っていくカンジに、グッときます。

他のアーティストの作品を表現することで小田さんが感じたその人や音楽に対する尊敬の念、敬意...
多くのアーティストが、他のアーティストの曲を一緒に歌うことで、
どんな感情が湧きおこり、何が起こるのか…

それを確かめたかったのだと思います。

私には、小田さんのやろうとしていることがよくわかりました。

それなのに…
番組のDが、一緒に歌う意味についてあれこれと...

ショボすぎます。

Dとして想像力がなさすぎ。

この録画は何度か見たけど、
このシーンに来るといつもこのDに突っ込みを入れたくなります031.gif

二十何分の曲の中で、
サビというかキメの部分は本人が歌うのだけれど、
アレンジがまた素敵で、コーラスは本人以外が担当するので、とてもゴージャス!

小田さんや財津さん、山本潤子、フミヤというベテランが若者の曲を支えて、
若者がまたベテランの曲を支えるという
お茶目だったり感動的だったりの場面がたくさんで、気がつくとうるうるしています。

もう数年続いている番組だけど、
そしてわたしは、かれこれ二十数年小田さんをみてきてるけど、

小田さんの音楽観というか、さらに小田さんの人生観というか、
そういうものの変遷がしみじみ伝わってきて、
またうるうるきてしまいます。


先日、スクールバーズの社長が、
越路吹雪のすごさを語ってくれたけど...

ごめんなさい。

私は、小田さんの音楽に心揺さぶられます025.gif

あ、違う視点ですね(笑)
by satomi117h | 2010-04-02 03:49 | 今日のとぱーずむ~ん | Comments(0)