声のお仕事、身体のお仕事と心地よいライフスタイルを追求します(*^o^*)


by satomi117h
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

痙攣性発声障害…

帰りの電車で耳にした車内アナウンス。

多分、痙攣性発声障害の方ではないかなと耳が釘付けになりました。

喋りはじめは大丈夫ですが、後半に行くにしたがって喉が締まって
語尾が音になりません。
消え入るのではなく、声門が固く締まっていって呼気自体がさえぎられて
吐こうとするのと、声門が締まるのが瞬時に交互にやってくるのが、聴いてとれます。

多分、典型的な内転型の痙攣性発声障害ではないかと。


何を知ったふうな…と思われるかも知れませんが、
私自身が陥ったことのある症状なのでよくわかります。

その時の喉頭の細かな感覚はもちろん、
気持ちもよみがえってきて、とても人ごとで済ませておくことはできません。


仕事がら、ずっと人には言えずにいました。

でも、そのことが治療家の道に進むきっかけになった以上、
つまらないプライドを捨てカミングアウトして、
患者さんの助けになることをするのは、私のなすべきことの一つかなと。

っていうか、スクールバーズのメルマガではすでに公にしていますが008.gif

封印していた部分に、メキメキ入り込み、よどんでいた空気をサーと流していく。
サーっと光をあてていく…。

私自身の内的なお掃除が始まった気がしています。
by satomi117h | 2009-10-27 11:37 | 今日のとぱーずむ~ん | Comments(0)